冬野菜の種蒔き、ハーブ(イタリアンパセリ、チャービル)の種蒔き

8/29   冬野菜の種蒔き、ハーブ(イタリアンパセリ、チャービル)の種蒔き

本日の午前中は、野菜の水遣り。
最近雨があまり降らないからね・・・・・・・・
午後からは、サラダ水菜とイタリアンパセリ、チャービルの種蒔きをしました。

H21.8.29 冬野菜種蒔きNO,1@ 002
冬野菜(サラダ水菜)種蒔き
サラダ水菜は、1ケース28ポット×4ケースで、約200株分です。
柔らかくて筋があまりないので、好評です。
11月から2月上旬まで葉を出荷し、3月は花芽を出荷します。


H21.8.29 ハーブ(イタリアンパセリ)種蒔きNO,1 @003
ハーブ(イタリアンパセリ)種蒔き
これは、イタリアンパセリです。
1ケース28ポット×2ケースで、約100株分種蒔きをしました。
生葉の収穫は、12月から4月の予定です。
収穫の様子は、過去の記事を検索してください。


H21.8.29 ハーブ(チャービル)種蒔きNO,1 @005
ハーブ(チャービル)種蒔き
これは、チャービルです。
1ケース28ポット×2ケースで、約100株分種蒔きをしました。
9月になって涼しくなったら、第2弾は直播をして植え直しもします。
生葉の収穫は、12月から4月の予定です。
収穫の様子は、過去の記事を検索してくださいね。



.

スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ローゼル再び開花

8/29                  ローゼル再び開花

朝夕がめっきり涼しく感じられるこの頃です。
今朝、ローゼル畑No2を見たら、再び花が咲いていました。

H21.8.29 ローゼル再び開花 @0071
ローゼル再び開花1
ローゼルの花の直径は、約8センチと少し小さいんですが、これから順次咲き続けるようです。
NO,2の畑は、全体に花蕾が見られます。
9月10日頃になれば一斉に花が咲きそろうでしょう・・・・・

このまま順調にいけば、9月下旬から実(がくの部分)が収穫できそうです。
NO.3の畑は、先端に花蕾が出来てきました。
9月中旬以降に花が咲きそうです。
NO.1の場所は、追肥をしたため脇芽が元気に育っています。花芽は、まだありません。


H21.8.29 ローゼル再び開花@ 003
ローゼル再び開花2
写真中央が昨日花が咲いて、今日は萎んでしまったものです。
その上がこれから開花しようとしているものです。
花の長さは、約4センチです。
例年より花が咲くのが1ヶ月近く早いため、全体に株の大きさが小さい(追肥をしなかったため。)ですね。


H21.8.29 ローゼル再び開花 @008
ローゼル再び開花3
これは、株全体の写真です。
この株は、脇芽の数が少なく、ややスリムですね。


=観察記録=
NO,1,NO,2、NO,3の畑を比較して
追肥等により成長が旺盛なときは、葉の緑も濃く、脇芽の成長も盛ん。
肥料切れを起こして、葉がやや赤くなってくると、脇芽の代わりに花蕾が出来るようです。


気温: 最高31℃、最低24℃ (∓3℃)


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

チャイブ(シブレット)の移植、カボチャ等の撤去

8/26 チャイブ(シブレット)の移植、カボチャ等の撤去

本日午後は、チャイブ(シブレット)の移植とカボチャ等の撤去をしました。

H21.8.26   チャイブ(シブレット)植替え  @005
チャイブ(シブレット)植替え
チャイブは、ネギ類と同様、今が植替え時期のようです。
場所が空いたので、早速、半分ほどを植替えました。
一畝に3列植えつけました。
植替えた後、数日間水をかけません。傷口が乾いたら水を与えますね。

H21.8.26   カボチャ、スイカ撤去  @002
カボチャ、スイカ撤去
ここは、小玉スイカとカボチャ(コリンキー、坊ちゃん)が植わっていたところ。
秋・冬野菜を植えるために、ここらで見切りをつけて撤去しました。
今年は、例年になく遅くまで(8月20日)小玉スイカが生っていました。
それにカボチャも20個ほど収穫。

ついでに、孟宗竹も撤去しておきました。邪魔だからね。


,

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

槙(まき)の実

8/26             槙(まき)の実

本日は、果樹畑の第5回目の除草をしました。
約10アールを草刈機で3時間の作業でした。

隣の畑に見慣れないもの発見!!!
これは、何だろう・・・・・・・?

H21.8.26   槙の実1  @004
槙の実1
ちょうど隣の畑の人も草刈に見えたので、聞いて見ると「槙(まき)の実」で食べられるとのこと・・・・・

昔々幼少の頃、桑の実は食べたことがあるが、マキの実は初めて・・・・・
早速頂いて、食べて見ると、甘味のないぶどうのような食感・・・・・ん・・・何とも微妙な味?

槙は、裸子植物なので、人間に例えるなら、先端の薄緑色をした頭の部分が「種子」、胴体の紫色をした部分が「果肉」です。

H21.8.26   槙の実2  @002
槙の実2
隣の畑では、植木を育てていて、10~15年くらいで2~2.5メートルの高さに整枝されていました。

,

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ローゼルの花蕾、再び出現

8/23               ローゼルの花蕾、再び出現

本日、NO,2のローゼル定植場所を見たら、1割くらいの株に花蕾が出来ていました。

H21.8.23 ローゼル花蕾 @ 011
ローゼルの花蕾、再び出現
8月中旬には、全てのローゼルの株から花蕾がなくなり、脇芽だけになっていましたが、最近再び花蕾ができてきたようです
近々、花が咲くのか、それとも・・・・・・・落蕾か・・・・・
ただ、花蕾は、NO,2のみで、NO.1とNO.3の定植場所には、出来ていませんでした。
比較してみたところ、NO.2は窒素分が不足しているようで、葉全体が赤みがかっていて、脇芽の成長が弱いようです。
例年は、このあたりで追肥をしていましたが、今年はやっていませんでした。
このことと関係がありそうなので、NO.2は追肥をせず、しばらく様子を見ることにします。

NO.1は、1週間前に追肥済みのため、脇芽が成長中。
NO.3は、追肥したいところであるが、比較のため、保留することにします。


.



theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ハーブ類の植替え

8/23      ハーブ類の植替え

本日は、ハーブエリアにあるハーブ類の植替えをしました。
秋・冬野菜の場所のローテーションも兼ねています。

H21.8.23 ハーブ類の植替え @008
ハーブ類の植替え
面積は、約60平方メートルです。
ハーブ類は、元肥として概ね野菜類の6~7割の有機肥料を入れています。後日成長の様子を見ながら追肥します。
PHは、6.2~6.3です。

写真中央のマルチを敷いてあるところは、9~10月にジャーマンカモマイルを植える予定です。
写真右は、ミント。
黒マルチの右の畝は、ヤロウ(ノコギリ草)を移植しました。
黒マルチの左の畝は、中央がレモンバーム、奥はオレガノを移植しました。
写真左の背の高いものは、ヤーコンです。現在高さ1.8~2.3メートルになっています。


次の写真は、
H21.8.23 ハーブ( セリ科)定植予定地耕起@005
ハーブ( セリ科)定植予定地耕起
ここは、ネギの植わっていたところ。とりあえず耕起して1ヶ月ほど寝かせます。
10月上旬になったら、イタリアンパセリ、チャービルなどを植える予定です。
面積は、約30平方メートルです。
露地パセリ(パラマウント)の施肥基準(N37キロ、P25キロ、K34キロ/10アール当たり)を準用します。
石灰混合有機肥料90キロと珪酸カリ1キロを撒いて、トラクタで漉き込み。
PHは、6.3の予定です。10月上旬の定植前に再度PHを確認します。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

バターナッツ、ミニトマト定植。 伏見甘長とうがらしの様子

8/19               バターナッツ、ミニトマト定植。 伏見甘長とうがらしの様子

本日、バターナッツ、ミニトマトを定植しました。

H21.8.19 バターナッツ定植 @003
バターナッツ定植
カボチャ(バターナッツ)は、8月1日に種蒔きしたものです。
90センチ間隔で24本植えました。
現在、本葉3枚です。少し定植時期が早いけど・・・・・・・・


H21.8.19 ミニトマト定植 @002
ミニトマト定植
こちらは、8月1日に種蒔きした第2弾のミニトマトです。
定植場所は、約20㎡です。
ネギ用に有機肥料を調整してあるので、ミニトマト用に再調整し直します。
ミニトマトを栽培する期間は、露地なので、12月の霜が降りるまでの期間です。
施肥基準は、抑制トマトの収穫時期が9~12月のものを準用(N16キロ、P14キロ、K16キロ/10アール当たり)します。
カリ分のみが不足しているので、珪酸カリを200グラム(有効換算分)撒いてトラクタで漉き込みました。
トマト類の適正PHは、6.0~6.8ですが、前回、PH6.2に調整してありますので、今回は省略します。(本来はPH6.5にしたかったが、苦土石灰を持ってこなかったため省略・・・)
黒マルチを敷いて、ミニトマトを定植し、パイプで棚を作って、本日の作業は終了です。
後日、ネットを張ってトマトの枝を支えます。


次は、今回初登場の「伏見甘長とうがらし」の様子です。

H21.8.19 伏見甘長とうがらし @004
伏見甘長とうがらし
伏見甘長とうがらし は、例年より1ヶ月半近く遅く、6月上旬に定植したものです。
やっと、収穫できるようになりました。
11月まで収穫できる予定です。
これは、自家消費用です。


.



theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

バターナッツ定植予定地、PH測定

8/16 バターナッツ定植予定地、PH測定

本日、 バターナッツ定植予定地のPH測定をしました。

H21.8.16 PH測定6.35、バターナッツ定植準備 @004
PH測定(PH6.35)
PH測定をしたところ、PHは6.35でした。
カボチャ類は、弱酸性の土によく育つ(適正PHは5.5~6.5)ので、今回はPH調整をする必要がありません。
それと、直前にスイカ・メロンを栽培途中で撤去し、雑草もろともトラクタで漉き込んだので、有効成分が残っているだろうということで、今回は有機肥料も入れないことにしました。

H21.8.16 バターナッツ定植準備 @012
バターナッツ定植準備
バターナッツの予定地は、約100平方メートルです。
草避け、乾燥防止のためのマルチを張って、来週あたりにバターナッツを24本定植する予定です。

=参考=
カボチャ類の施肥基準
   (窒素16キロ、リン酸11キロ、カリ16キロ/10アール当たり)

.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

わけぎ定植予定地準備、PH測定

8/16                       わけぎ定植予定地準備、PH測定

本日は、わけぎを植える場所の準備をしました。
場所は、竹薮の近くの耕作放棄地を開墾した所です。
夏野菜を撤去して、次にPH測定をしました。

H21.8.16 PH測定6.2、わけぎ定植準備 @008
 PH測定(PH6.2) 
PHは、6.2でした。
ここには、わけぎ(ネギの一種)を植える予定です。
ネギ類は、やや酸性の土に弱いので、PH調整をします。(ネギ類の適正PHは、6.0~7.0です。)

H21.8.16 わけぎ定植準備 @0011
わけぎ定植予定地
約40平方メートルあります。
わけぎの施肥基準はよく知りませんので、ネギ類の施肥基準を準用します。
ネギ類は、(N23キロ、P12キロ、K23キロ/10a当たり)ですので、石灰混合有機肥料120キロ(有効成分=N3キロ、P2.2キロ、K0.6キロ、石灰22キロ)とカリ肥料2キロを撒いて、トラクタで漉き込みました。
PHは、6.5になる予定です。

わけぎは、現在掘り上げて乾燥させてあります。
これを来週くらいに植える予定です。

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

出穂前の畦畔の草刈

8/15 出穂前の畦畔の草刈

本日は、巷ではお盆。
しかし・・・・・・・朝から必死に草刈・・・・・・・
「あいちのかおり」を作っている田んぼ3か所と休耕田3か所、野菜畑2か所の草刈をしました。

H21.8.15  出穂前の畦畔の草刈 @002
出穂前の畦畔の草刈
現在作付けしている「あいちのかおり」の稲作カレンダーによると、出穂(しゅっすい)予定日は8月22日、刈取りは10月7日の予定である。
カメムシ対策のため、今の時期から稲刈りまでの草刈は、非常に大切な作業である。
後2回ほど草刈をする予定である。
カメムシに穂を吸われると米に斑点ができてしまう。これが1,000粒に数個あるだけで米の等級が下がってしまう。等級が下がることは、すなわち売値が下がることである。
本来は、出穂2週間前までに畦畔除草を終わらせなければならないが・・・・・・
この地域は、30年くらい前までは、共同防除をしていたが、周りに住宅が出来てきたので、出来なくなってしまった。
今では、田植え時に除草剤と殺虫剤を散布をするだけで、その後は一切農薬散布をしていない。
後は、草刈をすることで予防するしかない・・・・・・


.
8/16 追記
=玄米の等級について=

水稲うるち玄米の場合の等級別品位基準・・・・・(出典=Wikipedia)

等級   整粒割合   含有水分   被害粒、死米、着色粒、異種穀粒及び異物混入
 1   70%以上   15%以下     15%以下
 2   60%以上   15%以下     20%以下
 3   45%以上   15%以下     30%以下
今は、このようですね。

以前の検査基準には、下記のようなものがあったんですが、改正されたのかどうか分かりません。
ご存知の方、コメントいただければ幸いです。

等級  整粒割合   含有水分    死米混入   着色粒混入   もみ混入
 1   70%以上   15%以下    7%以下   0.1%以下  0.3%以下
 2   60%以上   15%以下   10%以下   0.3%以下  0.5%以下
 3   45%以上   15%以下   20%以下   0.7%以下  1.0%以下
カメムシ等の食害による米は、着色粒に該当するので、1,000粒の中に8粒以上あれば等外になってしまいます。
私は、以前このように聞きました・・・・・


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

8月のハーブの様子

8/14       8月のハーブの様子

本日のハーブ類の様子です。
ハーブ類の記事は、ブログ内の検索で種類ごとに見ることも出来ます。

H21.8.14 ハーブ(レモングラス)の様子 @002
レモングラスの様子
レモングラスは、高さ10センチくらいの所でカットして収穫します。
1ヶ月位で元のように復活します。
すでに2回カットして、近々3回目のカットの予定です。
生葉をハーブティーとして飲みます。

H21.8.14 ハーブ(レモンバーベナ)の様子 @003
レモンバーベナの様子
レモンバーベナは、高さ1.5メートルに成長しています。
これも、生葉をハーブティーとして飲みます。

H21.8.14 ハーブ(ステビア)の様子 @004
ステビアの様子
ステビアの葉は、非常に甘みが強く、葉っぱ1枚で紅茶が飲める程です。
砂糖の代用品として使われています。

H21.8.14 ハーブ(パイナップルセイジ)の様子 @001
パイナップルセイジの様子
パイナップルセイジの葉は、パイナップルの香りがします。
10月になると赤い花が咲きます。
葉はサラダに、花は飾りに使いますね。

H21.8.14 ハーブ(コモンセイジ)の様子@ 010
コモンセイジの様子
コモンセイジは、肉に入れます。
それと、夏の乾燥に弱いですね。よく枯れてしまいます。

H21.8.14 ハーブ(ブルーサルビア)の花 @007
ブルーサルビアの花 

H21.8.14 ハーブ(ブルーサルビア)の花 @005
ブルーサルビアの花

H21.8.14 ベゴニアの花 @019
ベゴニアの花
ベゴニアの花は、料理の飾りに使います。

.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

8月のローゼルの様子

8/14          8月のローゼルの様子

毎月の定例の記録です。
ローゼルを定植してから2ヶ月目の様子です。

H21.8.14 ローゼルNO.2の様子@ 027
ローゼルNO.2の様子
ローゼルを定植した、2番目の場所の様子です。
ローゼルは、高さ1メートル×幅1メートルくらいに成長しています。
障害らしき葉が10株くらいに増えてきました。(1割)
でも・・・・・1株で出たり出なかったり・・・・・・何か不思議?
アブラムシ等は、いないし・・・・

H21.8.14 ローゼルNO.3の様子 @025
ローゼルNO.3の様子
ローゼルを定植した、3番目の場所の様子です。
ローゼルは、高さ1メートル×幅1メートルくらいに成長しています。
強風で株が傾いているものが20株くらいあるが、間隔に余裕があるので放置することにします。
こちらにも、障害らしき葉が8株くらいに見られます。(4%)
その他、枝に穴を開ける虫がいる。枯れた枝が4~5本。
まるでカミキリムシの幼虫の小型版のよう・・・・・
農薬(殺虫剤・殺菌剤)は、撒かない方針なので、ローゼルの生命力に任せます。
被害が拡大するようなら・・・・・対策を考えないと・・・・・


あと・・・NO.1、NO.2、NO.3とも花蕾は、なくなりました。
これで例年の状態に戻りました・・・・・


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ブルーベリーの様子

8/14               ブルーベリーの様子

現在のブルーベリーの様子です。

H21.8.14 ブルーベリーの実 @016
ブルーベリーの実
ブルーベリーの実は、7~8月に収穫できます。
もうすぐ収穫も終わりになります。

ブログ内の検索をすると、過去の記事が分かりますよ~~~


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

8月の夏野菜等の様子

8/14               8月の夏野菜等の様子

本日の夏野菜等の様子です。

H21.8.14 菊芋の様子 @011
菊芋の様子
菊芋は、現在高さ1.5~2.1メートルに成長しています。
ほとんどが、こぼれ芋・・・・・・ちょっと込みすぎ・・・・・植えてないからね・・・
そろそろ植え直さないと・・・・・
11月頃になって花が咲き、12月以降茎が枯れてから収穫になります。
12月~3月にかけて、少しづつ掘って収穫します。

H21.8.14 モロヘイヤの様子 @012
モロヘイヤの様子
モロヘイヤは、現在高さ1.5~1.8メートルに成長しています。
高くなりすぎて収穫しにくいので、そろそろ高さ1メートル位の所でカットして脇芽をださせようかな・・・

H21.8.14 エゴマの様子 @014
エゴマの様子
エゴマは、高さ1.0~1.4メートルになっています。

H21.8.14 青しその様子 @015
青しその様子
青しそは、高さ1.5~1.8メートルに成長しました。
これも収穫しにくいので、半分づつ高さ1メートルくらいにカットする予定です。

H21.8.14 赤しそ@ 020
赤しそ
赤しそは、高さ1メートルくらいです。
毎週のようにジュースを作っています。
美味しいからね・・・・・
赤しそ鍋1杯、青しそ1割、ステビアの葉15枚(砂糖でもよい)、塩少々。・・・・5リットル


.







theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

オクラ、地這いキュウリの様子

8/14             オクラ地這いキュウリの様子

7月5日に種蒔きした、オクラ地這いキュウリの様子です。

H21.8.14 地這いキュウリ @021
地這いキュウリ
約6週間を経過した地這いキュウリです。
すでに実がついていて、8本収穫しました。
棚を作らなくてもいいのだが、反面、収穫が面倒。葉が茂ってくると取り残しができてしまってね・・・


H21.8.14 オクラの様子 @022
オクラの様子
これは、緑色の普通のオクラ
現在高さ約50センチで、元気に成長中。
元気が良すぎて、まだ花が咲く気配がありません。
多くの葉が、虫に食害されています。
虫が食べるのよりも成長が早いから、まあ、いいか・・・・・


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : オクラ 地這いキュウリ キュウリ

line

バターナッツ・ミニトマト発芽の様子、種蒔き・育苗ハウスの改造

8/10              バターナッツ・ミニトマト発芽の様子、種蒔き・育苗ハウスの改造

本日は、夏休み。うちの会社はお盆休みがないから、交代で夏休み。
朝から雑草の草刈りをしました。
昼間は暑いので、休憩。夕方から草刈を再開します。

8月1日に第2弾の種蒔きをしたバターナッツ・ミニトマト発芽の様子です。

H21.8.10 バターナッツ・トマト発芽@ 002
バターナッツ・トマト発芽
8月1日に種蒔きしてから9日目の様子です。
写真左のバターナッツは、5日目から8日目にかけて順次発芽しました。残り3つも1~2日中に発芽しそうです。
写真右のミニトマトは、3日目から6日目にかけて発芽しました。現在本葉2枚になっています。
種の粒が小さかったので、適当に1~2粒撒いてあります。


そろそろ冬野菜の種蒔きをする予定なので、昼休みに夏野菜の種蒔き・育苗ハウスを改造して、
ハーブ・冬野菜の育苗ハウスを作ってみました。


H21.8.10 育苗ハウス改造2 @001
育苗ハウス改造
ポリシートを取って、日除けネットを張るだけ~~~。1時間半で完成です。
周りは、猫よけの囲いです。
これで夏の強い日差しでも安心して育苗できます。

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ローゼルの種取り

8/9                ローゼルの種取り

本日、6月28日前後に花が咲いたローゼルの種子の状態を見てみました。

H21.8.9 ローゼルの採種2 @007
ローゼル種取り
6月28日前後に花が咲いてから1ヵ月半(6週間)が経過したので、ローゼルの種子の状態を見てみました。
種子6個で、これだけ入っていました。
種子自体は、実っていましたが・・・・・・・
最近は、雨の日が多かったので、乾燥の状態が余りよくないようです。
10月以降の秋の収穫シーズン本番に期待したい。


.  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

スイスチャード定植

8/9 スイスチャード定植

本日、急遽スイスチャードの第1弾を定植しました。

H21.8.9 スイスチャード定植 @004
スイスチャード定植
写真左・・・7月5日に直播したスイスチャードを、マルチを敷いて約30株ほど定植しました。
ついでに、マリーゴールドも1ケース定植しました。
写真右の畝にもスイスチャードを約50株定植する予定です。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

冬瓜収穫、はやと瓜の様子

8/8               冬瓜収穫、はやと瓜の様子

本日は、午前中草取り。外は非常に暑いです・・・・・・水分補給をしながらの作業でした。
午後からは明日の出荷の準備。

突然ですが、ここで冬瓜、はやと瓜の様子をUPしておきます。(4月に忘れたからね。)

H21.8.8 小冬瓜@ 003
小冬瓜収穫
これは、小冬瓜です。1~2回で使い切るサイズということで選んだものです。
10株ほど植えてあります。
4月上旬にポットに種蒔きし、5月の連休に定植したものです。

シェフから冬瓜を5個欲しいという要望があったので、今年初めての収穫です。
9月まで順次収穫します。
1個だけ大きく育ちすぎたものがありますが、ご愛嬌ということで・・・・・

H21.8.8 はやと瓜 @005
はやと瓜
これは、はやと瓜です。
4月にマルチを敷いて、10個ほど実を半分埋めて発芽させたものが、現在ここまで育ってきました。
例年は、夏の強い日差しで乾燥気味のため、成長が止まっているんですが、今年は竹薮の近くの半日陰の場所に植えたため、元気よく成長を続けています。

10~11月頃に花が咲いて、20日ほどで直径12~15センチくらいの白い実が収穫できますね。
これも出荷用ですよ~~~♪


,


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

スイカ・メロンの撤収

8/5                スイカ・メロンの撤収

本日、スイカ・メロンの撤収をしました。
スイカ・メロンの蔓が長雨の影響で枯れてしまったため、やむなく撤収することにしました。
8月中旬の収穫予定でしたが、2週間早く蔓が枯れてしまってはどうしようもありません。
メロンを食べてみましたが、メロンらしい香りはするんですが、甘味はやや水っぽくていまいち。糖度は早いもので12~3かな?果肉の厚さは3センチ以上あるのに・・・・残念な結果でした。

H21.8.5 スイカ・メロン撤収@ 001
スイカ・メロン撤収耕起前
鳥よけネット撤去後の状態です。
夏草の生長がすごい。たった1ヶ月でジャングル状態です。

H21.8.5 スイカ・メロン撤収 @005
スイカ・メロン撤収・・・耕起後
今回は、とりあえずトラクタで夏草を漉き込みしました。10日間ほど寝かせます。
面積は、約1アールです。
予定より早い撤収でしたので、まだ何も作付け作物を決めてありません。
秋冬野菜の播種まで、あと1ヶ月あるし・・・・・夏野菜ではローテに困るし・・・・・
決めてから、石灰混合有機肥料を入れて調整するつもりです。


,

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

8月の夏野菜の様子

8/5      8月の夏野菜の様子

本日の夏野菜の様子です。
7月5日に種蒔きした野菜の1ヵ月後の生育状況です。

H21.8.5 つるありインゲン棚@ 002
つるありインゲン棚作成
写真左は、7月5日に直播した第3弾の地這キュウリです。長さ1メートルくらいに伸びています。
次が、7月5日に種蒔きした、第2弾のつるありインゲンです。長さ60センチくらいに蔓が伸びています。パイプの棚にキュウリネットを張って、登らせます。
3列目が、7月5日に種蒔きした、第3弾のトウモロコシ(ピーターコーン)です。
将来、パイプの足を使って、鳥よけネットを張る予定です。

H21.8.5 紅おくらの花@ 003
紅おくらの花
これは、紅おくらの花です。株は、1.7メートルの高さに育っています。
以前、紅おくらの花の写真をUPしたときは、白い花でしたが、最近になってピンク色に変わってきました。まるでアジサイの花のようですね。

H21.8.5 マイクロトマトの実@ 004
マイクロトマトの実
これは、マイクロトマトの実です。
大きさは、5ミリ~1センチ未満です。
主に、サラダの彩りを兼ねて使用されますね。
マイクロトマトは、愛知県で品種改良されたと言われています。

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

スイスチャード発芽後の様子

8/5                   スイスチャード発芽後の様子 

本日のスイスチャードの様子です。

H21.8.5 スイスチャード発芽後@ 007
 スイスチャード発芽後1ヶ月の様子
スイスチャード発芽後1ヶ月の様子です。
7月5日に直播したものです。高さ5センチくらいに育っています。
9月中旬にマルチを敷いて、定植する予定です。

H21.8.5 ハーブエリア耕起@ 003
ハーブエリア耕起
ここは、ハーブエリアです。写真左には、レモングラスが植わっています。
場所は、約50㎡です。
石灰混合有機肥料60キロを撒いて、トラクタで雑草もろとも漉き込みました。
PHは、6.2の予定です。
何を植えるのかは、未定です。


,

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

8月のローゼルの様子  No.4

8/2        8月のローゼルの様子  No.4

今日は、一日中雨が降ったり止んだり、しばらく梅雨は明けそうもありません。
6月7日に定植した第1弾のローゼルの本日の様子です。

H21.8.2 ローゼル 定植8週間目の様子 @004
ローゼル 定植8週間目の様子
6月7日に定植してから8週間目のローゼルの成長の様子です。
高さ1.2メートル、幅1メートル程に成長してきました。隣のスコップが高さ1メートルです。
今年は、試験的に例年より1ヶ月早く種蒔きしたため、定植時の苗が大きく成長も早いようです。
例年ですと、高さ50~60センチで半分ほどです。

H21.8.2 ローゼル 定植7週間目の様子 @001
ローゼル 定植7週間目の様子       連作障害発生か?
これは、第2弾に定植した7週間目のローゼルの様子です。
全体に高さ80~90センチに成長していますが、脇芽の成長はこれからです。
写真右下の高さ45センチくらいの所に、赤色の実が1個ついています。花が咲いたようですね。
6月末以降は、蕾が自然落果して花は咲いていません。

同じ苗なのに、1週間で違いができました。ただ、場所が違うので、単純に比較はできないんですが・・・・
ここで写真をよく見ていただきたいんですが、障害らしきものが発生しています。全部で6株に発生しています。
定植後3~4週間目から6週間目にかけて、高さ40センチから70センチのところの葉が縮れています
この症状は、3~4週間前に発見したのですが、過去経験がないので、しばらく様子を見ていました。
発見当初にアブラムシやハダニを疑いましたが、いませんでした。
ただ、最近1週間に新しく伸びた芽には、その症状が見られません。
何が原因か分かりませんので、もうしばらく様子を見ることにします。

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

バターナッツ、ミニトマトの種蒔き

8/1 バターナッツ、ミニトマトの種蒔き

今日は、雨が降ったり止んだり、相変わらずの雨模様。
東京のイタリアンレストランへバターナッツを12個(約15キロ)送付しました。
何でもジェラードにするとか・・・・・
雨で屋外作業ができないので、バターナッツ、ミニトマトの第2弾の種蒔きをしました。

H21.8.1 バターナッツ、ミニトマト種蒔き @004
バターナッツ、ミニトマト種蒔き
写真左がバターナッツ24ポット、右がミニトマト24ポット種蒔き
今種を蒔くと、10~11月には収穫できますね。
バターナッツは、6~7月の長雨のため、実が多く付かなかったので、不足分(150~200個)を今から取り戻します。できるかな。

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

2009.2

2011.7

line

まとめ

line
お知らせ
ローゼルの種子 プレゼント中
ピンク花ローゼルの種子を数量限定で無償プレゼント中。 詳しくは、 2016年12月5日の記事をご覧ください。(2016/12/14)
line
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
line
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最新コメント
line
最新記事
line
カテゴリ
line
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
line
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
わいわいカウンター
閲覧者数:累計
line
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QRコード
line
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
line
sub_line