「農家のサラダ」のふるさと紹介

10/30               「農家のサラダ」のふるさと紹介

本日、地元新聞の一般紙である中日新聞の朝刊に我家の野菜畑の記事が掲載されました。
10月17日にTKラジオのアナウンサーで野菜ソムリエでもあるAさんの取材を受けましたが、その記事が全尾張版に掲載されました。発行部数は、約60万部/全体270万部のようです。
記事は、契約出荷先のイタリアンレストランで以前料理に出された「農家のサラダ」のふるさとをAさんが訪れて紹介する内容の記事でした。
これからしばらくの間、周りが騒がしくなりそうです。

H21.10.30  中日新聞朝刊掲載 @003
2009/10/30 中日新聞朝刊掲載


.
スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

10月のハーブ(イタリアンパセリ、チャービル、フェンネル、ジャーマンカモマイル、チコリ、ポリジ、ルッコラ)の様子

10/25 10月のハーブ(イタリアンパセリ、チャービル、フェンネル、ジャーマンカモマイル、チコリ、ポリジ、ルッコラ)の様子

本日のハーブ類の様子です。


H21.10.25  10月のハーブ(イタリアンパセリ、チャービル)@ 004
10月のハーブ(イタリアンパセリ、チャービル)
9月27日に第1弾を定植した、イタリアンパセリ、チャービルですが、本日、中央の空いたところへ第2弾を定植しました。
イタリアンパセリは、本日初めて葉を出荷してみました。
葉の出荷は、来年4月に花が咲くまで続く予定です。


H21.10.25  10月ハーブ(フェンネル)定植@005
10月ハーブ(フェンネル)定植
フェンネルは、まだ高さ5センチくらいで、本葉1枚と非常に小さいんですが、定植してみました。
2列に70センチ間隔で、約50本植えました。


H21.10.25  10月ハーブ(ジャーマンカモマイル)定植@ 006
10月ハーブ(ジャーマンカモマイル)定植
ジャーマンカモマイルは、3列で約40センチ間隔に植えました。


H21.10.25  ハーブ(チコリ)の様子@018
ハーブ(チコリ)の様子
チコリは、9月初めに直播をしたものです。
高さ30~35センチに成長し、葉が巻き始めてきました。


H21.10.25  ハーブ(ポリジ)の様子@ 019
ハーブ(ポリジ)の様子
これは、種こぼれで発芽したものです。
株の直径は40センチくらいになっています。
11月下旬くらいから花が咲くようです。


H21.10.25  ハーブ(ルッコラ)の様子@ 025
ハーブ(ルッコラ)の様子
これは、9月27日に定植したルッコラです。
夕方、陽が落ちて、暗くなってきたので、写真が見づらいと思いますが・・・・・
葉が大きくなってきたので、本日試験的に出荷してみました。
葉は、来年の3月まで出荷が続きます。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ニンニク・ハクサイ定植。ニンジン、ハヤトウリの様子

10/24~25             ニンニク、ハクサイ、茎レタス定植。ニンジン、ハヤトウリの様子

昨日、今日は、ニンニク、ハクサイ、茎レタスを定植しました。
バターナッツが10月8日の台風18号の被害を受け、今後の成長が望めなくなったので、思い切って撤去することにしました。
目標は150個でしたが、3分の1の50個の収穫でした。残念な結果でした。
撤去した後、黒マルチは再利用します。今回も肥料等は入れません。
ニンニクの生育状況を見て、追肥を判断することにします。

H21.10.25  ニンニク追加埋め込み@007
ニンニク追加埋め込み
バターナッツを撤去したところに、ニンニクを追加で埋め込みました。
約20~22センチ間隔で、約500球埋めました。


H21.10.25  ニンニク発芽@008
ニンニク発芽
これは、10月17日に埋め込んだ8日目のニンニクの様子です。
すでに高さ10センチくらいに伸びてきています。


H21.10.25  晩生白菜、茎レタスの様子@ 016
晩生白菜、茎レタスの様子
これは、昨日定植した晩生ハクサイと茎レタスです。
写真右側から1列目の畝が、茎レタスです。
         2列目と3列目が、晩生ハクサイです。


H21.10.25  八事五寸ニンジン(第2弾)の様子@ 017
八事五寸ニンジン(第2弾)の様子
これは、10月初めに直播をした八事五寸ニンジンです。
かなり厚蒔きをしていますが、12~15センチに成長したら、順次間引きながら出荷します。


H21.10.25  ハヤトウリの様子@022
ハヤトウリの様子
これは、ハヤトウリです。
10~12センチくらいに実が大きくなってきました。
本日、初めて10個ほど出荷してみました。反応はいかに?来週聞いてみます。


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

10月の野菜(水菜、ハクサイ、ブロッコリー、コールラビ、春菊、リーフレタス)の様子

10/25 10月の野菜(水菜、ハクサイ、ブロッコリー、コールラビ、春菊、リーフレタス)の様子

10月の水菜、ハクサイ、ブロッコリー、コールラビ、春菊、リーフレタスの様子です。
9月27日に定植してから約1ヶ月経過しました。
10月8日には、台風18号の直撃を受け、2~3割の株が被害を受けましたが、補植をしたりして回復に努めました。

H21.10.25  10月の野菜の様子@ 001
10月の冬野菜の様子
写真右から1列目の畝は、水菜です。
       2列目の畝は、早生白菜です。
       3列目の畝は、ブロッコリーです。
台風の被害により株が欠損したところは、補植をしました。
株が大きいのは、当初のもの。小さいのは、追加で植えたものです。


H21.10.25  10月水菜の様子@010
水菜の様子
9月27日に定植してから約1ヶ月で、ここまで大きくなりました。
後、2週間ほどで出荷できそうです。
水菜は、安全確保のため、3箇所に分けて植えてあります。


H21.10.25  10月レタス各種@ 011
リーフレタス各種混植
リーフレタスは、第2弾を先週種蒔きしました。
これも2~3か所に分けて植えます。


H21.10.25  春菊の様子@ 012
春菊の様子
高さ25センチくらいになったら、芯を止めて脇芽を出させます。
後3週間くらいで、出荷できそうです。


H21.10.25  コールラビの様子@ 013
コールラビの様子
コールラビは、台風被害で2割強の欠損状態です。
欠損した株の跡には、害虫避けのコンパニオンプランツとしてリーフレタスを植える予定です。


H21.10.25  早生白菜の様子@ 015
早生白菜の様子
葉が青虫やヨトウ虫にかじられて、穴が空きだしました。手で取るしかないのかな。
ハクサイの生長が早いから、放置できるかな?
昨年は、かなり穴を開けられた状態で、出荷しました。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

10月の果樹(あけび、キウイ、八朔、グレープフルーツ、フェイジョア)の様子

10/19     10月の果樹(あけびの実、キウイの実、八朔の実、グレープフルーツの実、フェイジョアの実)の様子

本日の果樹の様子です。

H21.10.19  10月の果樹(あけびの実)@002
あけびの実
これは、「あけび」の実です。
長さ10~12センチくらいです。
外皮が紫色や茶色です。綺麗ですね。
もう少しで、中央の白い線のところで実が割れて、中身の種の周りのゼリー状の部分が食べられるようになります。


H21.10.19  10月の果樹(キウイの実)@003
キウイの実
これは、「キウイ」の実です。
やっと、長さ7~8センチの大きさになってきました。
12月になると収穫します。
収穫したキウイの実は硬いので、りんごの実と一緒にビニール袋に入れておくと、柔らかく熟して食べられるようになります。


H21.10.19  10月の果樹(八朔の実)@ 007
八朔の実
これは、「八朔」の実です。
まだ、10センチ丸くらいですが、12~1月になるとやや甘くなって、食べられるようになります。


H21.10.19  10月の果樹(グレープフルーツの実)@ 013
グレープフルーツの実
これは、「グレープフルーツ」の実です。
現在、直径9~11センチの大きさです。
2~3月に収穫し、しばらく保存しておくと甘味が増して、4~8月頃食べられるようになります。


H21.10.19  10月の果樹(フェイジョアの実)@014
フェイジョアの実
これは、「フェイジョア」の実です。
現在、4~5センチの大きさです。12~1月に収穫します。
完熟しても色はほとんど変わりませんが、表面がすこし柔らかくなります。

半分に切って、スプーンですくって食べますね。
一度食べたら虜になる味です。(笑)

.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ローゼルの種取り

10/17                  ローゼルの種取り

本日、ローゼルの種取りをしました。


H21.10.17  10月のハーブ(ローゼル種取)@008
ハーブ(ローゼル種取)
ローゼルの花が咲いてから3~4週間が経過しました。このあたりで第1弾の種子を採種して見ます。
ローゼルの実を約6キログラム収穫し、赤い鍔の部分を取り除きました。割合は種の部分6割・がくの部分4割くらいです。
写真の右側の赤黒いものが「がく」の部分です。主にティーやジャムにします。
写真の左側が、種子の部分です。

=来年用の種取り=
この中から、来年の種を選別します。
今回の種は、まだ若い実を収穫しているので、来年の種になりそうな「濃いこげ茶色の種」は1~2割くらいです。
残りの白い種や薄茶色の種は未熟なので、捨てます。

(ピンク花ローゼルの場合、確実に採種出来るのは、花が咲いてから45~60日経過後です。
なお、花が咲いてから2~3か月経過し、種の部分が乾燥して開いて雨水が入りカビが生えてしまったものは、発芽率が非常に悪くなるので、そうなる前に種取りすることが重要です。)
また、ローゼルの種類によって種取り可能な日数は違います。

天日で2~3週間乾かして、先端部分が開いてきたら、種子を取り出します。
1つの実が5つに別れていて、約25~30粒の種子が採れます。
今回は、50グラムくらい採れそうです。
種子は、「あさがお」の種によく似ていますね。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

10月のハーブの花(ローズマリー、パイナップルセイジ)の様子

10/17 10月のハーブの花(ローズマリー、パイナップルセイジ)の様子

本日のハーブ(ローズマリー、パイナップルセイジ)の花の様子です。

H21.10.17  10月のハーブ(ローズマリーの花)@003
ハーブ(ローズマリーの花)
これは、矮性ローズマリーの花です。
1年に2回ほど花を咲かせます。
普通、冬場と夏場に水分が不足し、成長が止まったときに咲くようですが・・・・・・
ローズマリーの葉は、主にフォカッチャに入れますね。

H21.10.17  10月のハーブ(ローズマリーの花)2@ 004
ハーブ(ローズマリーの花)2
これは、立性ローズマリーの花です。
こちらは、成長が止まっています。


H21.10.17  10月のハーブ(パイナップルセイジの花)@002
ハーブ(パイナップルセイジの花)
パイナップルセイジの花です。
パイナップルの香りがします。
料理の飾りに使いますね。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

ニンニクの種球の埋め込み

10/17               ニンニクの種球の埋め込み

本日は、1ヶ月前から準備していた場所に、ニンニクの種球を埋め込みました。

H21.10.17  ニンニク種球埋め込み@ 001
ニンニク種球埋め込み
ニンニクは、縦横各20センチ間隔で、約500球埋め込みました。
10月中には、残り約1,000球を植える予定です。


=雑記=
午前中は、定例のイタリアンレストランのシェフの野菜収穫日です。
本日は、予てから予約のあったTKラジオの女性アナと野菜ソムリエの女性が同伴でした。2時間近く畑の隅々を見て周り写真撮影、放送番組のためではなく何でもyasai記事を書くらしい。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

「あいちのかおり」稲刈り終了

10/13               うるち米「あいちのかおり」稲刈り終了

本日、うるち米「あいちのかおり」の稲刈りをしました。
「あいちのかおり」の稲作カレンダーによると、稲刈りは10月7日でしたが、台風18号が通過してから4日間晴れ間が続き、稲刈りができる状態になりました。

午前中は、台風の被害にあった冬野菜の補植をしました。
昼少し前からスタートし、残りの19アールの稲刈りが完了。(写真は、今回も省略します。)
作業時間は、4時間でした。
籾の水分は、15~16パーセントで丁度良い乾燥状態でした。

やっと、お天道様頼みの稲刈りも終わり、これからは、メインのハーブ・冬野菜に集中できそうです。
さあ、がんばるdey~~~~~(笑)



=追記=
今度の土曜日の朝、IザーレのSゅうさんとTKラジオのA山アナウンサーが取材を兼ねて畑へ収穫に来るそうです。
YOUさんいかがですか。それと・・・・先日はランチ会とか!!!裏山鹿~~~~~

.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

食用ホオズキ(オレンジチェリー)の様子

10/11              食用ホオズキ(オレンジチェリー)の様子

本日の、食用ホオズキ(オレンジチェリー)の様子です。
気温の低下とともに、害虫も少なくなって、実の食害も減ってきました。

H21.10.11 食用ホオズキ(オレンジチェリー )@008
食用ホオズキ(オレンジチェリー )
食用ホオズキ(オレンジチェリー )は、甘酸っぱい味です。これ以上はなんとも微妙な味で私には表現できません。
生で食べるかジャムにするのが、一般的なようです。
緑色の袋が網目だけになって、中身が透けて見えるようになったら、収穫時期です。
直径は、2センチくらいです。
やっと、少しづつ収穫できるようになってきました。


H21.10.11 食用ホオズキ(オレンジチェリー)@ 006
食用ホオズキ(オレンジチェリー)
1株が直径2~3メートルくらいになります。実は、150~250個くらい付きます。
夏のうちは消毒をしないと、ほとんど虫に食べられてしまいます。
我家は消毒をしないので、ほとんど虫の餌になっていました。
効率が悪いね。儲かりません。趣味だからいいか・・・・・


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

小松菜・茎レタス(山くらげ)種蒔き

10/11             小松菜・茎レタス(山くらげ)種蒔き

今日は、台風18号の強風で被害を受けた場所の修復。
雨で流れた畝の土砂を直したり・・・・・
ダイコン、カブで被害を受けたところに、再び種を蒔きなおしました。

つるありインゲンのパイプ棚は、強風でばらばらになったので、諦めて撤去しました。
ここには、近々菜花やわさび菜を直播する予定です。(写真は、後日)

次に、毎年定番の小松菜の場所作り。
なばな系(アブラナ科)は、連作にならないように毎年場所を変えます。
(障害予防に裏作でダイコンをコンパニオンプランツとして作付けする方法もあるようです。)
石灰混合有機肥料を撒いて、漉き込み。
PHは、6.3になる予定です。

H21.10.11 小松菜種蒔き @002
小松菜種蒔き
ここは、青しその植わっていたところ、小松菜を1.5メートル幅の畝に2畝、各2列に筋蒔きをしました。
11月から2月にかけて10~20センチに育った小松菜を間引きをしながら出荷します。


H21.10.11 茎レタス(山くらげ)種蒔き @003
茎レタス(山くらげ)種蒔き
茎レタス(山くらげ)は、1畝に2列筋蒔きをしました。
山くらげは、今年初めて栽培してみます。
「山くらげ」という言葉は、聞いたことはあるんですが、見たことはありませんでした。
種の写真をを見て、一瞬これが・・・・・?・・・・・これが山くらげになるとは想像つきません。
聞くところによると、葉の部分でなく茎の部分を切って使うようです。
さてさて、どうなりますか・・・・・


=参考=
小松菜(11~5月どり)の施肥基準、N20キロ、P20キロ、K20キロ/10アール当たり
                       全量元肥のみ
小松菜の適正PH・・・・・6.0~6.5

アブラナ科は比較的連作に強いが、
  葉系、根菜系は、連作すると病害虫に弱くなるため、出来れば毎年場所を変えるとよい。
  結球系は、2~3年間隔を空けるとよい。

.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

台風第18号の被害、ローゼルの様子

10/8          台風第18号の被害、ローゼルの様子

本日のローゼルの様子です。

H21.10.8 台風18号被害状況 ローゼル@005
台風18号被害状況 ローゼル
この写真は、No.3のローゼル畑の様子です。
花が咲くのが遅かったため、強風で主茎が傾いた程度で、被害は少しです。
根が傷んだため、収量減は2割くらいと思われます。
1本の枝当たりの実も6~8個と少ないため、今後回復が見込めそうです。

No.2の畑は、1本の枝当たりの実が9~11個と多いため、強風で高さも1メートル以下となってしまいました。また、根が痛めつけられてしまったため、一気に枯れる可能性があります。収量は5割減になりそうです。


H21.10.8 台風18号被害状況 ローゼル@011
台風18号被害状況 ローゼル
これは、No.1の畑のローゼルです。
主茎が強風で裂けてしまっています。
茎の先端が実で重かったからな・・・
かなり重症です。今後2ヶ月でどれだけ実を付けてくれるのか・・・・・


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

台風第18号の被害、野菜類の状況

10/8   台風第18号の被害、野菜類の状況

本日午前2時から5時までの3時間、風速20~30メートルの暴風雨が吹き荒れ、季節外れの台風18号が我家の上空を通過していきました。
5時から1時間くらいは、ほぼ無風状態で、その後10~15メートルくらいの強風がしばらくの間続きました。

以下は、本日早朝の野菜類の様子です。


H21.10.8 台風18号被害状況 ヤーコン@007
台風18号被害状況 ヤーコン
ヤーコンは、かなり茎や葉が痛めつけられていますが、芋は地下にあるので、ほとんど影響なく大丈夫でしょう。

H21.10.8 台風18号被害状況 菊芋@ 009
台風18号被害状況 菊芋
菊芋もかなり痛めつけられています。
これもヤーコン同様大丈夫でしょうね。

H21.10.8 台風18号被害状況 プチベール、葉ぼたん@010
台風18号被害状況 プチベール、葉ぼたん
写真手前が、葉牡丹です。
その奥が、プチベールです。
強風により葉が千切れたり、主茎が傾いています。

H21.10.8 台風18号被害状況  バターナッツ@008
台風18号被害状況 バターナッツ
バターナッツは、8月1日に種蒔きしたものです。
24本で150個以上の収穫をもくろんでいたんですが、9月の予想外の乾燥と雄花が咲かないことに併せ、今回の台風で蔓が痛めつけられてしまったので、現在50個ほどの実があといくつ増えるのか・・・・・・

H21.10.8 台風18号被害状況 ミニトマト@ 006
台風18号被害状況 ミニトマト
ミニトマトも8月1日に種蒔きしたものです。
やっと高さ1メートルくらいに育って、実が第4花房まできたんですが、台風により茎が折れてしまったものが多く、今後どのくらい回復してくれるのかな・・・・・


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

うるち米「あいちのかおり」の稲刈り

10/4              うるち米「あいちのかおり」の稲刈り

本日午前中は、定例のハーブ・野菜の出荷をしました。
今日もしつこくローゼルの実とローゼルの葉を押し売り。
午前11時から、「あいちのかおり」の稲刈りをしました。(写真を撮っている暇がないので、省略します。)
No.2とNo.3の2箇所の田んぼ併せて約29アールを完了。籾の水分は21%でした。
昨日の朝まで雨が降っていたので、やむを得ません。
総作業時間は、7時間です。うち、JAのライスセンターへ2回乾燥のため運搬した時間を差し引くと、実質5時間30分の稲刈り作業でした。

残りは、No.1の田んぼ約19アールですが、明日から5日間連続で雨降りの予報が出ているので、次の連休以降の稲刈りになりそうです。
No.1の田んぼは、水はけが悪いので、連続4日間の晴れ間が続いてくれることを祈っています。yy


.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

10月の野菜(ハヤトウリ、ジャガイモ、わけぎ、ニンジン、サトイモ)の様子

10/3 10月の野菜(ハヤトウリ、ジャガイモ、わけぎ、ニンジン、サトイモ)の様子

ここ数日間、雨が 断続的に降り続き、今朝雨が上がりました。
そこで、本日は朝から稲刈りの準備を しました。
近所の田んぼでは、6条刈りの大型コンバインが地響きを立てて稲刈りをしていました。20~30センチ土に埋まっても何ら障害もなく刈っていきますが、私の小型コンバインでは、水は大敵です。
明日は、まだ1センチくらい水は溜まっているかも知れませんが、何とか少しでも稲刈りを片付けたいと思っています。
午後からは、明日のハーブ・野菜の出荷の準備をしました。

H21.10.3 ハヤトウリの様子 @015
ハヤトウリの様子
本日のハヤトウリの様子です。
写真右の白い物が着果したハヤトウリです。10~11月に収穫できます。実の大きさは10~15センチくらいになります。
同じ付け根から伸びている茎の太いものが、雄花です。
写真中央が雌花です。


H21.10.3 じゃがいも(アンデスレッド)の様子@ 006
じゃがいも(アンデスレッド)の様子
春に収穫した、じゃがいも(アンデスレッド)が9月になって芽がでてきたので、埋めてみました。
最近になって10センチくらいに芽が伸びてきました。12月くらいには再び収穫できそうです。


H21.10.3 わけぎの様子 @005
わけぎの様子
9月に埋め戻したわけぎです。
芽が伸びてきました。


H21.10.3 八事五寸ニンジンの様子 @010
八事五寸ニンジンの様子
9月に直播した第1弾の八事五寸ニンジンです。
10センチくらいに成長してきました。そろそろ間引きをします。
他の場所にも第2弾の八事五寸ニンジンを直播してありますが、そこも発芽を始めたようです。


H21.10.3 サトイモの様子 @014
サトイモの様子
サトイモは、最近茎が倒れだしました。収穫時期が近いようです。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

10月のハーブ(イタリアンパセリ、チャービル、ディル、フェンネル、ルッコラ)の様子

9/27 ハーブ(イタリアンパセリ、チャービル、ルッコラ定植

9月27日に定植したハーブ類です。
当日は、写真を撮っている暇がなかったので、本日(10/3)写真を撮りました。


H21.10.3 ハーブ(イタリアンパセリ、チャービル)の様子 @009
ハーブ(イタリアンパセリ、チャービル)の様子
一週間前に定植したイタリアンパセリ、チャービルの様子です。
写真左から1列目は、イタリアンパセリです。約110株あります。
       2列目は、奥からイタリアンパセリ、手前からチャービルを植えました。
             中央の空いているところは、第2弾を植える予定です。
       3列目が、チャービルです。約120株あります。

H21.10.3 ハーブ(ルッコラ)の様子 @019
ハーブ(ルッコラ)の様子
一週間前に定植したルッコラです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/3          10月のハーブ( ディル、フェンネル、ルッコラ)の様子

本日の ハーブ( ディル、フェンネル、ルッコラ)の様子です。

H21.10.3 ハーブ(ディル)の様子@ 012
ハーブ(ディル)の様子
9月上旬に直播した ディルの発芽の様子です。
10月中には、植替えをする予定です。


H21.10.3 ハーブ(フェンネル)の様子 @007
ハーブ(フェンネル)の花
フェンネルは、10月に花が咲きます。
親株は枯れてしまいますが、3~4年間は株元から新しい芽がでて大きくなります。


H21.10.3 ハーブ(ルッコラ)の様子 @004
ハーブ(ルッコラ)の様子
これは、8月下旬に直播をしたルッコラです。
高さ20~30センチに育って、収穫可能な状態ですが、まだまだ虫食いが多いですね。
寒くなれば、食害もなくなります・・・・・・


.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

冬野菜(水菜、、白菜、ブロッコリー、春菊、コールラビ、リーフレタス、チマサンチュ)定植

9/27 冬野菜(水菜、、白菜、ブロッコリー、春菊、コールラビ、リーフレタス、チマサンチュ)定植

9月27日冬野菜を定植しました。
写真を撮っている余裕がなかったので、本日(10/3)写真を撮りました。

H21.10.3 冬野菜(水菜、白菜、ブロッコリー)の様子@003
冬野菜(水菜、白菜、ブロッコリー)の様子
定植一週間後の様子です。
写真右から1列目は、水菜です。
       2列目は、白菜。
       3列目は、ブロッコリーです。
       4列目は、ルッコラ・・・・・・・
早くも虫が葉に穴を開けていた。苗によっては芯だけしか残っていない・・・・・
今は、苗が小さいので、とりあえず一匹ずつ潰すしかない・・・・・・
全部食べられたところは、後日、補植します。


H21.10.3 冬野菜(コールラビ、春菊、白菜、水菜)の様子@ 013
冬野菜(コールラビ、春菊、白菜、水菜)の様子
定植一週間後の様子です。
写真右から1列目は、コールラビです。4行で約240本あります。
       2列目は、春菊です。4行で約170株です。
       3列目は、白菜。3行で約130株です。
       4列目は、水菜です。

H21.10.3 リーフレタスの様子 @011
リーフレタスの様子
定植一週間後のリーフレタスです。
リーフレタスは、4種類を混植しました。


H21.10.3 チマサンチュの様子 @018
チマサンチュの様子
定植一週間後のチマサンチュです。


.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

line

2009.2

2011.7

line

FC2Ad

まとめ

line
お知らせ
ローゼルの種プレゼントは終了しました。(2017/04/14)
line
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
line
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
最新記事
line
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
line
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
わいわいカウンター
閲覧者数:累計
line
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QRコード
line
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
line
sub_line