白ゴーヤの花、さつま大長れいしの花、モロヘイヤの様子

6/30             白ゴーヤの花、さつま大長れいしの花、モロヘイヤの様子

本日の様子です。

      H22.6.30白ゴーヤの雌花@IMG_1779
      白ゴーヤの雌花
これは、白ゴーヤの雌花です。
白ゴーヤは、早いもので蔓の長さは棚の最上部に達し、高さ2メートルを超えています。
最近、雌花や雄花が咲き始めてきました。


      H22.6.30さつま大長れいし(ニガウリ)の雌花@IMG_1778           H22.6.30さつま大長れいしの雄花@IMG_1781
   さつま大長れいし(ニガウリ)の雌花   さつま大長れいしの雄花
写真左は、さつま大長れいし(ニガウリ)の雌花です。
写真右は、さつま大長れいしの雄花です。
雌花と雄花の違いは、子房の有無の他、花の中心を見ても分かりますね。
さつま大長れいしも白ゴーヤ同様に成長が盛んです。
早く実が大きくならないかな♪


      H22.6.30モロヘイヤの様子@IMG_1777
      モロヘイヤの様子
これは、モロヘイヤです。
高さ30~40センチくらいに成長し、脇芽も増えてきました。
芽の数を増やすため、そろそろ芯を止ますね。
来週あたりから出荷が始まります。


.



  
スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 白ゴーヤ さつま大長れいし モロヘイヤ ゴーヤ

line

ジンジャー(ショウガ)の様子

6/30              ジンジャーショウガ)の様子

本日のジンジャーの様子です。

        H22.6.30ジンジャー(ショウガ)の様子@IMG_1776
        ジンジャーショウガ)の様子
これは、ジンジャーショウガ)です。
昨年自家採種した根茎を4月末に埋め込んだのですが、気温が高くならないと成長しないようです。
インドや東南アジアの高温多湿な地域が原産なので、いた仕方ないですね。
6月になってやっと芽がでて、現在ここまで成長してきました。
料理や飲み物など広く使われますね。


. 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ジンジャー ショウガ 生姜

line

ルバーブ定植、ベルガモット(モナルダ)の花、カールドンの花、ローズマリーの様子

6/29            ルバーブ定植、ベルガモットモナルダ)の花、カールドンの花、ローズマリーの様子

本日のハーブ類の様子です。

      H22.6.29ルバーブ定植@IMG_1767
      ルバーブ定植
これは、ルバーブを59ポット定植した様子です。
定植間隔は、縦40センチ横60センチです。
少し縦の間隔が狭いですが、定植場所の関係で、すべての苗を植えるためです。
ルバーブは、多年草です。

ルバーブは、茎をジャムにしたり料理に使います。
葉は、シュウ酸を多く含むため、普通食べません。


      H22.6.29ベルガモット(モナルダ)の花@IMG_1771          H22.6.29カールドンの花@IMG_1768
    ベルガモットモナルダ)の花     カールドンの花
写真左は、ベルガモットモナルダ)の花です。
花は、普通7~8月に咲きます。
ベルガモットは、多年草です。

写真右は、カールドンの花です。
カールドンは、アーティチョークの近縁種で、全体にとげがあります。
葉柄を湯がいて食べますね。


     H22.6.29ローズマリーの様子@IMG_1772
     ローズマリーの様子
これは、ローズマリーです。
写真中央から右は、矮性ローズマリーです。
写真左側は、立性ローズマリーです。
ローズマリーは、新芽が15~20センチ程伸びてきました。
高さは、1.0~1.5メートルくらいです。
毎年、剪定・収穫を続けてきましたが、20年近い株です。


.






theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ルバーブ ベルガモット モナルダ カールドン ローズマリー

line

サトイモの種芋埋め込み

6/29             サトイモの種芋埋め込み

本日は、梅雨の合間の曇り空、午後からサトイモの種イモを埋め込みました。

      H22.6.29サトイモ種芋埋め込み@IMG_1773
      サトイモの種芋埋め込み
写真は、サトイモの種芋を埋め込んだ様子です。
本日は、180個程埋め込みました。残りは約30個、全部で210個の予定です。
間隔は、1畝に2列、縦60センチ横60センチです。全部で3畝です。
夏草の除草対策に黒マルチを敷きました。
9月位になってサトイモが成長してきたら、黒マルチを取り去って土寄せをします。
そのため、初めは低い畝にしてあります。
1か月近く遅れていたサトイモの種イモをやっと埋めることができました。
昨年の種こぼれは、すでに高さ25センチ近くに成長しています。
早く追いついてくれることを願うばかりです。


.  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 里芋 サトイモ

line

ローゼル第3弾定植、PH測定

6/24~25           ローゼル第3弾定植

例年より10日程遅れているローゼルの定植、梅雨の晴れ間に急いで作業・・・・・
6月24日にローゼル定植場所の準備、6月25日に定植をしました。

  H22.6.25ローゼル第3弾定植@IMG_1736    H22.6.25白花ローゼル(oki30)@IMG_1740    H22.6.25ピンク花ローゼル(yy70 )@ IMG_1738
  ローゼル第3弾定植     白花ローゼル(oki30)   ピンク花ローゼル(yy70)
写真左は、No.2のローゼル畑の全景です。
転作田のため、排水が非常に悪い。
なので・・・周りに深い溝を作りました。
ここには、ローゼルを1列25ポット×2列×2畝=100ポット植えました。
定植間隔は、縦80センチ、横100センチ、畝間は130センチです。
理想的には50~70ポット・・・少し間隔が狭くなりましたが・・・
将来、成長具合によって灰色かび病などの対策を考える必要がありそうです。

写真中央は、白花ローゼル(oki)を30ポット定植しました。

写真右の畝全部と白花の畝の一部にピンク花ローゼル(yy)を70ポット定植しました。

残りの定植本数は、No.1の畑に約50ポットとなりました。
早く植えたいのですが、事情があってまだ植えれないんですよ~~~
ジャガイモの跡地に植えてしまうかぁ~~~
今年の定植本数は、280ポット(No.1の畑100、No.2の畑100、No.3の畑80)の予定です。


6/26    ローゼル畑(No.2)PH測定

     H22.6.26ローゼル畑PH測定(PH6.5)@IMG_1760
     ローゼル畑PH測定(PH6.5)
これは、No.2のローゼル畑のPHを測定したところです。
PHは、6.5でした。
ここは5~6年程、マイクロトマト(適正PH5.5~6.5)を連作していたところなので・・・・・


6/28 =追記=  ローゼル畑(No.1)PH測定

     H22.6.28ローゼルNo.1畑PH測定(PH5.7)@ IMG_1764
     ローゼルNo.1畑PH測定(PH5.7)
これは、No.1のローゼル畑のPHを測定したところです。
PHは、5.7でした。少し酸性気味かな・・・・・(PH5.0~7.0なら何とか育つと思います。)
急遽借りた畑ですので、PH調整がうまくいかなかったようですが・・・・・
元気に育っているようなので、このまま様子を見ることにします。 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


=ついでに=

6/26    
     H22.6.26閲覧者数:累計33333カウント@   IMG_1759
     閲覧者数累計33333カウント
本日、閲覧者数の累計が33,333カウントを超えました。
多くの方々にご訪問いただき、誠にありがとうございます。
これからも引き続き内容の充実に努めていきたいと思っています。

いやぁ~~~それにしても偶然3のぞろ目に出会うなんて縁起がいい・・・(爆笑)


.

 
  


 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル ローゼル定植 PH測定

line

夏野菜定植・直播場所準備

6/24~25        夏野菜定植・直播場所準備

6月25日午後7時ころから一部ブログに管理画面が操作できない障害発生、緊急メンテナンス中で、6月26日午前6時過ぎ終了したので、今のUPになりました。

さて、6月24~25日は、梅雨の中で久しぶりの晴天なので・・・・・
遅れていた夏野菜定植・直播場所の準備をしました。
6月24日は、残りのタマネギ全部とジャガイモを3分の2収穫・撤去。
よく乾燥してから保存します。

     H22.6.25タマネギ、ジャガイモ撤去後@IMG_1741
     タマネギ、ジャガイモ収穫・撤去後
これは、タマネギ・ジャガイモを収穫・撤去後、石灰混合有機肥料を蒔いてトラクタで漉き込んだ後の様子です。
面積は、写真中央が約100㎡、写真左が約50㎡です。
写真中央上部で白い花を咲かせているのは、八事五寸ニンジンです。
これは、自家採種用です。

PHは、6.4になる予定です。
後作に予定している里芋、十六ささげ、いんげん(モロッコ)豆、キュウリ(夏すずみ)は、弱酸性の土によく育つ(適正PHは、6.0~6.5)ので、それに合わせました。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 夏野菜場所準備

line

フェンネル切り戻し、ヒソップの花、オレガノの花、ディルの種子  

6/21           フェンネル切り戻し、ヒソップの花、オレガノの花、ディルの種子

本日のハーブ類の様子です。

      H222.6.21フェンネル切り戻し前@IMG_1723        H22.6.21フェンネル切り戻し後@IMG_1735
     フェンネル切り戻し前         フェンネル切り戻し後
これは、フェンネルです。
花が一斉に咲き始めてきました。
このフェンネルは多年草なので(種類によって、1年草もあります。調べてね。)、切り戻して新しい芽を出させます。
こうすることで3~4年は収穫を続けることができます。
花を咲かせてしまうと・・・最悪・・・株が終わりになってしまうこともありますね。

4分の1位は、花を咲かせて種を出荷しますが・・・


       H22.6.21ヒソップの花@IMG_1722
       ヒソップの花
これは、ヒソップの花です。(現在、要望がないので、当ブログ初登場ですね(笑))
ヒソップは多年草なので、ここで4~5年居座っています。
そろそろ場所替え時期なのかな・・・・・
それとも・・・もう1年切り戻して様子を見ようかな・・・


       H22.6.21オレガノの花@IMG_1732
      オレガノの花
これは、オレガノの花です。
花が咲いたら、切り戻しをします。
2~3年ごとに植え替えをします。


       H22.6.21ディルの種子@IMG_1724
       ディルの種子
これは、ディルの種子です。1年草です。
現在、花が一斉に咲いていて、新鮮な生葉はほとんどありません。
なので、今は種子を採種して出荷しています。

8月になったら、自家採種した種を蒔いて・・・新たにスタートします。


.




theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : フェンネル ヒソップ オレガノ ディル

line

ナス・コールラビの様子、ズッキーニの花

6/21         ナス久留米ナス白神ナス加茂ナス)の様子、コールラビの様子、ズッキーニ(ブラックトスカ)の花 

本日の夏野菜の様子です。

6月21日午後10時頃から管理画面にログインすると・・・・・「只今、メンテナンス中です。しばらくお待ちください。」と表示され、管理画面の操作ができない状態になっていたので、今の投稿になったのだが・・・・・最新障害情報ホームページ・ブログ画面を見ても、緊急メンテナンスをやっている予告もないのだが・・・・?


      H22.6.21久留米ナスの様子@IMG_1727  H22.6.21白神ナスの様子@IMG_1725  H22.6.21加茂ナスの様子@IMG_1726
     久留米ナスの様子   白神ナスの様子   加茂ナスの様子
5月25日に定植したナス類の様子です。
写真左から右へ、久留米ナス白神ナス加茂ナスです。
急遽借りた畑なので、有機肥料の効きが遅い、最近になってやっと葉が大きくなってきた・・・・・
脇芽がもう少し大きくなってきたら、整枝しますね。


      H22.6.21コールラビの様子@IMG_1733
      コールラビの様子
これは、コールラビです。
株元が肥大してきました。
後、1~2週間で収穫が始まりますね。


      H22.6.21ズッキーニの花@IMG_1728
      ズッキーニの花
これは、ズッキーニ(ブラック・トスカ)です。
急遽借りた畑なので、有機肥料の効きが遅いですね。
ズッキーニは、成長が早いのだが・・・・・
ズッキーニの雌花が咲いてきました。
花蕾なら今が採り頃・・・・・普通花が咲いてから3~4日、実が15~20センチくらいの長さで収穫します。


.
 
   

 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ナス コールラビ ズッキーニ ズッキーニの花 久留米ナス 白神ナス 加茂ナス

line

ローゼルの様子

6/21              ローゼルの様子

本日のローゼルの様子です。

       H22.6.21ローゼルの様子@IMG_1730
       ローゼルの様子
5月20日に定植した第1弾のローゼルの1ヶ月後の成長の様子です。
高さ20~40センチ位に成長しています。
約5分の1に花芽が付いて、花が咲いた株もあります。
脇芽も出てきました。

写真右側の列が白花ローゼル、左側がピンク花ローゼルです。


.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル

line

ローゼル(ピンク色花)の花

6/14              ピンク色花ローゼルの花

本日のローゼルの様子です。

       H22.6.14ピンク花ローゼルの花@IMG_1719
       ピンク花ローゼルの花
写真は、ローゼル(ピンク色花)の花です。
自家採種を続けているローゼルです。
本日の午前中に今年初めての花が咲いていました。
写真を撮ったのが12時過ぎでしたので、少し萎れかけています。
苗の高さは45センチ程で、花の直径は5センチとまだまだ小さいのですが・・・・・
3月に種蒔きをしたローゼルは、今年も可憐な花を咲かせていました。
これからしばらくは、株の脇芽が育つため、花が咲くのはお休み。
本番は、9月以降になります。
12月に霜が降りて枯れるまで実の収穫が続きます。
ローゼルの花・・・いつ見ても・・・うっとりするくらい綺麗ですね(勝手に思い込んでいるだけ~~・・・)

早く第3弾(180ポット)を定植したいのだが・・・場所の準備が~~・・・まだ~~・・・

(注)
 ローゼルに関する記事は、biog内の「カテゴリ」欄で「ローゼル」をクリックすれば、過去の記事が一覧できます。


=ローゼル普及活動結果報告=
今年のローゼルの定植本数を約400ポットと予定していたのですが、当初の予定地が思ったよりも水はけが悪く、使用できなくなったことで、急遽畑を借りたのですが、そこも夏野菜の定植本数が増え、ローゼルを植えることができるスペースが足りなくなってしまいました。
そこで、今年の定植予定を約280ポットに大幅変更。余った苗120ポット分を急遽ローゼル普及活動~~~・・・・・
1か月程前に苗の予約のあった方を含め、前回報告の6月7日から本日までに新規4名の方に、苗4ケース、120ポット(約200本)と種子約400粒をお分けしました。
合計49名になりました。
ローゼル普及活動にご賛同・ご協力いただき、ありがとうございました。



.

 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル ピンク花ローゼル ローゼルの花

line

トマトの様子、ツルムラサキ定植

6/14               トマトの様子、ツルムラサキ定植

本日のトマトの様子などです。

      H22.6.14トマト(フルティカ)の様子@IMG_1721       H22.6.14ツルムラサキ定植@IMG_1720
      トマトフルティカ)の様子   ツルムラサキ定植
写真左は、フルティカトマトの様子です。
高さ50~65センチに育ってきました。
写真奥の第2弾のトマトは、高さ30センチ位に育っています。
(右隣の調理用トマトも同じくらいに育っています。)
支柱の高さは60センチしかありませんので・・・・・
棚の天井から紐で吊って、全体を支えることにしました。
現在3番花まで咲いてきました。


写真右は、ツルムラサキを20本定植した様子です。
定植間隔は、縦30センチ横60センチにしました。
縦が予定の半分程と狭いが、場所がないので止むを得ません。
ツルが伸びてきたら、高さ2メートル程の棚を作って、登らせる予定です。

.

    

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : トマト フルティカ ツルムラサキ

line

コシヒカリ中干し

6/13              コシヒカリ中干し

6月13日に早生品種のコシヒカリ中干しをするため、田んぼの落水をしました。

      H22.6.14コシヒカリ中干しNo.1@IMG_1717       H22.6.14コシヒカリ中干しNo.3@IMG_1711
      コシヒカリ中干しNo.1        コシヒカリ中干しNo.3
写真は、6月14日の落水後の様子です。
平成22年産コシヒカリの稲作カレンダーによると、当初の中干し期間は6月6日から22日の予定になっていましたが、4月の低温の影響で稲の株の分けつが悪く、1週間ほど延ばしていました。
最近になって1株の本数も15~25本に増えてきました。
これ以上延ばすと稲刈りの期間にも影響が出るので、中干し決行です。
中干しの期間は、1週間ずれて、6月13日から29日の予定です。

しかし、あいにくと6月13日からの1週間に5日間の雨降りの予報。
同時に、梅雨入り宣言が出されました。
どこまで乾かすことが出来るかな・・・・・
この調子でいくと・・・・・中干しの終了は、7月にずれ込みそうです。


=参考= (出典:JAあいち●●)
当初のコシヒカリ稲作カレンダー       実 際
 は種・・・・4月3日      ⇒    4月3日
 田植え・・・5月1日      ⇒    5月3日   
 中干し・・・6月6日~22日  ⇒   6月13日~29日(予定)
 出穂・・・・7月27日     ⇒ ( 7月26日:追記)
 稲刈り・・・9月1日      ⇒   (9月6~8日頃予定)


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : コシヒカリ 中干し

line

白ゴーヤの様子、ヤーコンの様子

6/11              白ゴーヤの様子、ヤーコンの様子

本日の白ゴーヤヤーコンの様子です。

      H22.6.11白ゴーヤの様子@IMG_1704      H22.6.11ヤーコンの様子@IMG_1709
      白ゴーヤの様子      ヤーコンの様子
写真左は、白ゴーヤの様子です。
蔓が50~60センチに伸びて、最近ネットを登り始めてきました。

写真右は、ヤーコンの様子です。
高さ30~40センチに育ってきました。
葉の虫食いが多いですね。美味しいのかな・・・・・?

.

 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 白ゴーヤ ヤーコン

line

コリンキーの実、バターナッツの花と実

6/11               コリンキーの実、バターナッツの花と実

本日のカボチャ類の様子です。

       H22.6.11コリンキーの実@IMG_1696
        コリンキーの実
これは、カボチャ(コリンキー)の実です。
現在、直径10センチ位に育っています。
もう少し大きくなりますね。
昨年の8月頃自家採種した種子を種蒔きしたものです。

      H22.6.11バターナッツの花蕾と実@IMG_1698        H22.6.11バターナッツの実@IMG_1697
     バターナッツの花蕾と実     バターナッツの実
写真左は、バターナッツです。
すでに5~6年は自家採種を続けています。
写真の上から結実した実、中央が明日咲く花、下が花蕾です。

写真右は、バターナッツの実です。
一番大きいものは、1週間程前に結実したものです。
バターナッツは、初めは雄花がほとんど、最近は9割以上が雌花ばかり・・・・・
交配してやらないと結実しないので、早朝交配してやれば確実に実がなるんですが・・・
蜂などの虫に頼ってばかりです・・・(爆笑)

.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : コリンキー バターナッツ

line

白キュウリ・レモンキュウリ・地這いキュウリの実

6/11              白キュウリレモンキュウリ地這いキュウリの実

本日のキュウリの様子です。

    H22.6.11白キュウリの実@IMG_1700     H22.6.11レモンキュウリの実@IMG_1702     H22.6.11地這いキュウリの実@IMG_1694
    白キュウリの実      レモンキュウリの実     地這いキュウリの実
写真左は、白キュウリです。
皮の色が白い・・・
味・香りが普通の緑色キュウリに比べて弱い・・・

写真中央は、初めて栽培したレモンキュウリです。
第1号の実です。
花は咲けども中々実にならない・・・・・自家結実性が少し弱い気がします。
まだ食べていないので、味は分かりません。
近々、味見してみます。

写真右は、地這いキュウリです。
普通のキュウリと同じですね。


=追記=
6/21 レモンキュウリの味見

本日、味見をしてみました。
普通のキュウリでした。(爆笑)
味も匂いも普通のキュウリ。
丸い形と黄色い色からレモンキュウリと名がついたのかな?
これでは、調理した時のインパクトがない。
期待はずれでしたね。




.

   

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 白キュウリ レモンキュウリ 地這いキュウリ

line

ヤロウ・イタリアンパセリの花、スペアミント・バジルの様子

6/11               ヤロウイタリアンパセリの花、スペアミントバジルの様子

本日のハーブ類の様子です。

       H22.6.11ヤロウの花@IMG_1705     H22.6.11イタリアンパセリの花@IMG_1708
       ヤロウの花         イタリアンパセリの花
写真左は、ヤロウの花です。
花が一斉に咲き始めてきました。

写真右は、イタリアンパセリの花です。
花が咲くと・・・生葉の出荷は、当分の間お休みになります。
この株は、間もなく撤去してしまいます。
次は、秋以降ですね。


       H22.6.11スペアミントの様子@IMG_1706     h22.6.11スウィートバジルの様子@IMG_1707
       スペアミントの様子    スウィートバジルの様子
写真左は、スペアミントの様子です。
後、1か月程すると花が咲き始めます。
花が咲くと葉が硬くなるので、7~8月頃5センチ位の高さに切り戻しをします。
切り戻すことで、新しい芽を出させ、再び柔らかい生葉を収穫することができます。

写真右は、スウィートバジルの様子です。
高さ20センチ位に成長してきました。
生葉の収穫が始まります。
しばらくして、夏になると花が咲き始めます。
花を咲かせてしまうと、生葉の出荷は終わってしまいますので・・・・・
収穫期間を伸ばすため、花芽はこまめに摘んでしまいます。


.    

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ヤロウ イタリアンパセリ スペアミント バジル

line

食用ホオズキ(オレンジチェリー)定植

6/9                 食用ホオズキ(オレンジチェリー)定植

本日、オレンジチェリーを定植しました。

      H22.6.9食用ホオズキ(オレンジチェリー)定植@ IMG_1692
      食用ホオズキ(オレンジチェリー)定植
これは、食用ホオズキ(オレンジチェリー)を定植した様子です。
定植間隔は、縦80センチ横70センチにしました。
定植本数は、1列に22本×2列で、合計44本です。

食用ホオズキ(オレンジチェリー)は、12月頃に霜が降りて葉が枯れるまで収穫することができます。
後日、パイプ・ネット・紐を使って枝を支える棚を作る予定です。




.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 食用ホオズキ(オレンジチェリー) 食用ホオズキ オレンジチェリー

line

フェイジョアの花、キウイフルーツの様子、ザクロの花、ビワの実

6/8         フェイジョアの花キウイフルーツの様子、ザクロの花、ビワの実

本日の果樹畑の様子です。

      H22.6.8フェイジョアの花1@ IMG_1685     H22.6.8フェイジョアの花2@ IMG_1687
      フェイジョアの花1         フェイジョアの花
これは、フェイジョアの花です。
自家結実性が弱いため、違う品種を2本以上植える必要があります。
11~12月頃3~5センチ位の緑色の実を収穫することができます。


      H22.6.8キウイフルーツの様子@IMG_1684
      キウイフルーツの様子
これは、キウイフルーツです。
5月末頃から花が咲いて、ちょうど実がついたところです。
数か多いと小さい実しか成らないので、摘果して数を減らします。
11~12月ころ収穫することができます。


      H22.6.8ザクロの花@IMG_1690
      ザクロの花
これは、ザクロの花です。
主に、自家消費用ですね。


      H22.6.8ビワの実@ IMG_1689
      ビワの実
これは、ビワの実です。
ちょうど食べごろですね。
3種類の樹が植わっているので、少しは収穫時期がずれているのですが・・・
10本以上植わっているので、食べきれません。
カラスと奪い合いの状態です。(爆笑)


.






theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : フェイジョア フェイジョアの花 キウイフルーツ ザクロ ビワ

line

八事五寸ニンジンの花、 パープルヘイズ の花

6/8                八事五寸ニンジンの花、 パープルヘイズ の花

本日のニンジンの様子です。

      H22.6.8八事五寸人参の花@IMG_1683
      八事五寸ニンジンの花
これは、八事五寸ニンジンの花です。
愛知県の伝統野菜です。
種子がほとんど市販されていないため、数年来自家採種を続けています。


=おまけ=

      H22.6.8パープルヘイズの花@IMG_1682
      パープルヘイズの花
これは、パープルヘイズです。
紫色のニンジンですね。
最近流行の変わった色のニンジンです。
1本だけですが、離れた場所で種取りしてみます。(笑)
他は、全部処分しました。八事五寸ニンジンとの交雑を避けるためです。

.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 八事五寸ニンジン パープルヘイズ

line

チコリの花

6/8              チコリの花

本日のハーブ(チコリ)の様子です。

      H22.6.8チコリの様子@IMG_1677     H22.6.8チコリの花@IMG_1681
      チコリの様子            チコリの花
写真左は、ハーブ・チコリの様子です。
5月末頃からちらほらと花が咲き始め、6月末頃まで咲き続けます。
高さは、2メートルを超えています。

写真右は、拡大したものです。
水色の花が綺麗ですね。
花は、料理の色どりやサラダに入れたりします。

   

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : チコリの花 チコリ

line

白花ローゼルの花(続)

6/8                白花ローゼルの花(続)

本日の白花ローゼルの様子です。

       H22.6.8ローゼルの花(白花Ann)@IMG_1676
       ローゼルの花(白花Ann)
これは、白花ローゼルの花です。
昨日初めて花が一輪咲きましたが、本日は二輪咲いていました。
まだ、ポットに植わったままの小さな苗なので、大きな花を咲かせるだけのパワーがありません。

本日早朝から神社の用務で出掛けていましたが、午後12時過ぎに帰ってみるとすでに花は萎れかけていました。
満開状態が見れなくて残念です。
写真中央が昨日初めて咲いた花ですが、すでに萎れてしまっています。
左右の花が本日咲いた花です。
ローゼルの花は、日の出の頃3分咲きで11時ころ満開となり、12時を過ぎるころから徐々に萎れてきます。そして、翌日には落花してしまいます。
花を見ることのできる時間が非常に短いですね。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル ローゼルの花

line

ハヤトウリ定植

6/7              ハヤトウリ定植

本日、ハヤトウリを定植しました。

      H22.6.7ハヤトウリ定植2@IMG_1670     H22.6.7ハヤトウリ定植@IMG_1668
      ハヤトウリ定植2         ハヤトウリ定植1
写真左は、ハヤトウリを定植した様子です。
夏の雑草対策用に黒マルチを敷いて、昨年12月上旬に自家採種して保存していたハヤトウリの実を2列の畝に20個埋め込みました。
定植間隔は、縦80センチにしました。畝間は、2メートルです。
今年は場所が狭いので、9月になったら立体的に棚を作って蔓を登らせる予定です。

写真右は、ハヤトウリの実を埋めた様子です。
定植時期が遅れていたので、すでに芽が伸びています。(笑)
この後、雑草を刈り取って乗せ、日除けと乾燥防止対策をします。


.  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ハヤトウリ はやとうり

line

アーティチョーク定植、コモンセイジの花

6/7                アーティチョーク定植、コモンセイジの花

本日、アーティチョークの苗を定植しました。

      H22.6.7アーティチョーク定植@IMG_1664     
      アーティチョーク定植
これは、アーティチョークの苗を20株定植した様子です。
定植間隔は、縦80センチ横80センチにしました。
来年の6月頃に花蕾が出来て、出荷できるようになります。


      H22.6.7コモンセイジの花@IMG_1666
      コモンセイジの花
これは、コモンセイジの花です。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : アーティチョーク コモンセイジ

line

白花ローゼルの花、 たちあおいの花

6/7                 白花ローゼルの花たちあおいの花

本日、ローゼルの花が咲きました。

      H22.6.7ローゼルの花(白花Ann)@IMG_1658        H22.6.7ローゼルの花(白花Ann)@ IMG_1662
     ローゼルの花(白花Ann)1   ローゼルの花(白花Ann)2
写真は、白花ローゼルの花です。
数日前に花が咲きそう・・・・・ということで、花蕾の写真をUPしましたが、本日朝様子を見ると第1号の花が咲いていました。
白花ローゼルの花を見るのは初めてなので、とても感動しました。
でも・・・・・まだポット苗なので、花の直径は、4センチと小さい。
それに、苗が小さいため実を付けさせると、すぐ上についている花蕾が落花しそうです。
花をとるか、実をとるか・・・・迷うところですが・・・・・
花を楽しむことにします。

花を楽しんだ後、畑へ定植します。

=参考=
他のアオイ科の花
    H22.5.28たちあおいの花@IMG_1627  H22.5.28たちあおいの花@IMG_1626  H22.5.28たちあおいの花@IMG_1624
    たちあおいの花1  たちあおいの花2   たちあおいの花3 
これは、たちあおいの花です。花の直径は、11センチです。
たちあおいは、多年草です。(ローゼルは寒さに弱いため、日本では1年草扱いです。)
ローゼルと同じアオイ科ですので、花はよく似ていますね。
食用ではありません、おもに華道で使われますね。



=ローゼル普及活動結果報告=
5月11日から本日までに、新規2名の方にローゼルの苗25本をお分けしました。
累計45名になりました。
ローゼル普及活動にご賛同いただき、ありがとうございました



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル ローゼルの花 たちあおいの花

line

紅オクラ・モロヘイヤ・アスパラガス定植  

6/6               紅オクラモロヘイヤアスパラガス定植

本日、夏野菜類を定植しました。

     H22.6.6紅オクラ・緑オクラ定植 @ IMG_1651    H22.6.6モロヘイヤ定植@IMG_1653    H22.6.6アスパラガス定植2 @IMG_1657
    紅オクラ緑オクラ定植  モロヘイヤ定植     アスパラガス定植2
写真左は、オクラを定植した様子です。
手前から紅オクラを26株、緑オクラを24株定植しました。
定植間隔は、縦60センチ横60センチにしました。
=参考=
オクラ類の適正PHは、PH6.0~7.0です。
普通PH6.5にします。

写真中央は、モロヘイヤを50株定植した様子です。
定植間隔は、縦60センチ横60センチにしました。
=参考=
モロヘイヤの適正PHは、良く知りませんが、PH6.0~6.5でよく育つようです


写真右は、アスパラガスの第2弾を26株定植した様子です。
定植間隔は、縦60センチ横60センチにしました。
=参考=
アスパラガスの適正PHは、PH6.0~7.5です
。普通PH6.5にします。


=おまけ=
     H22.6.6カリフラワーの様子@IMG_1652
     カリフラワーの様子
これは、カリフラワーです。
自家消費用です。
葉は、虫に食われてぼろぼろレース状態です。
でも、気にしません・・・中央部分さえ食べられれば・・・・・(笑)
あっと! ・・・直径は、20センチでした。

.
 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 紅オクラ 緑オクラ モロヘイヤ アスパラガス カリフラワー

line

ローゼル第2弾定植

6/6                  ローゼル第2弾定植

本日、No.3の畑へローゼルを定植しました。

      H22.6.6ローゼル定植2No.3 @  IMG_1649
      ローゼル定植2No.3
写真は、第2弾のローゼルをNo.3の畑へ定植した様子です。
写真手前からピンク花ローゼルを14株、白花ローゼルを24株定植しました。
苗の高さは、20~25センチです。
第1弾の12株と併せて、合計50株になります。
定植間隔は、縦80センチ横110センチにしました。

あと少し空きスペースがありますので、第3弾を植える予定です。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル ローゼル定植

line

レモンバーベナの花

6/4               レモンバーベナの花

本日の様子です。

     H22.6.4レモンバーベナの花@IMG_1647
      レモンバーベナの花
5月上旬にやっと新芽が出てきたと思ったら、早くも花が咲き始めました。
白い小さな花です。
花を咲かせてしまうと、フレッシュな葉が出荷できないので、次々と切り取ってしまいます。
こうすることで、新しい芽を出させ若葉を収穫します。


. 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : レモンバーベナ レモンバーベナの花

line

ローゼル花蕾出現、ローゼル発芽の様子

6/4              ローゼル花蕾出現、ローゼル発芽の様子

本日のローゼルの様子です。

       H22.6.4ローゼル(白花Ann)花蕾@IMG_1646
       ローゼル(白花Ann)花蕾
3月に種蒔きした第1弾の白花(Ann)ローゼルです。
4月の遅霜で3分の2は凍って枯れてしまいました。
残った9株に最近花蕾が出現してきました。
苗の高さは、25~30センチです。
まだポットに植わったままです。
例年6月になると定植するのですが・・・・・
あと、1~2週間ほどで花が咲くのが見れるかも・・・なので、このまま様子を見ることにします。
花が咲いたら、UPしますね。
白花は、まだ見たことがないので、楽しみです。

今時の苗は、花を咲かせるのが精いっぱい!!!
実を付けさせるのは、負担が大きすぎる・・・実は9月以降に期待したい。


       H22.6.4ローゼル発芽の様子1H22.5.11@  IMG_1642 H22.6.4ローゼル発芽の様子2H22.5.11 @ IMG_1641
     ローゼル発芽の様子1  ローゼル発芽の様子2
写真が1枚に入らないので、2分割しました。
5月11日に種蒔きした第3弾のローゼルの発芽の様子です。

写真左の左側縦2ケースは、白花(Ann)ローゼルです。
発芽は、5ポットのみと非常に少ないです。
種子の保存に問題があったのかな。これ以上は発芽しないようです。

写真中央の6ケースは、ピンク花(自家採種)ローゼルです。
発芽率は、85~96%です。

写真右の右側縦2ケースは、白花(Oki)ローゼルです。
発芽率は、90%強になりました。
3週間たった現在もまだまだ発芽中です。発芽温度がピンク花に比べてが2~3℃高いようです。

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル花蕾 ローゼル発芽 ローゼル

line

コモンタイム切り戻し、アーティチョークの花蕾

6/1               コモンタイム切り戻しアーティチョーク花蕾  

本日、全体の3分の2のコモンタイム切り戻しをしました。

     H22.6.1コモンタイム切り戻し前@IMG_1637  H22.6.1コモンタイム切り戻し中@_1635  H22.6.1コモンタイム切り戻し後@IMG_1636
   コモンタイム切り戻し前   コモンタイム切り戻し中   コモンタイム切り戻し後
写真左は、コモンタイム切り戻し前の様子です。
一面に花が咲いています。
このままでは、若い葉が出荷できません。
最悪、枯れてしまうこともあります。

そこで、写真中央のように高さ30センチの株の半分位の高さ(15センチ位)のところでカットします。

写真右は、切り戻し後の様子です。
かなりすっきりしましたね。
今後、新しい芽が出て、若い葉が収穫できるようになります。


     H22.6.1アーティチョークの花蕾1@IMG_1639        H22.6.1アーティチョークの花蕾2@IMG_1640
    アーティチョーク花蕾1    アーティチョーク花蕾
これは、アーティチョーク花蕾です。
中央の大きい花蕾は、直径12~14センチです。
後、1~2週間で花が咲くようです。
花が咲く直前に花蕾をカットして出荷します。
カットするタイミングが非常に難しい。・・・・・
・・・・・数日であっという間に花が咲いてしまう。


.



 


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : コモンタイム 切り戻し アーティチョーク 花蕾

line

2009.2

2011.7

line

FC2Ad

まとめ

line
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
line
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
最新記事
line
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
line
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
わいわいカウンター
閲覧者数:累計
line
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QRコード
line
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
line
sub_line