エンドウ種蒔き

11/30          エンドウ種蒔き

本日、エンドウの種蒔きをしました。

     H22.11.30スナックエンドウ種蒔き@IMG_2604        H22.11.30キヌサヤエンドウ種蒔き@IMG_2605
    スナックエンドウ種蒔き    キヌサヤエンドウ種蒔き
写真左は、スナックエンドウを種蒔きした様子です。
1か所に3~4粒の種を直播しました。

写真右は、キヌサヤエンドウを種蒔きした様子です。
1か所に3~4粒を直播しました。


     h22.11.30エンドウ種蒔き後の様子@IMG_2607      H22.11.30エンドウ種蒔き後の様子(拡大)@IMG_2608
    エンドウ種蒔き後の様子     エンドウ種蒔き後の様子(拡大)
写真左は、エンドウ種蒔き後の様子です。
左の畝にスナックエンドウを直播しました。
中央の畝には、キヌサヤエンドウを直播しました。
間隔は、どちらも縦60センチ、斜め横60センチの千鳥です。

写真右は、種蒔き後の様子を拡大したものです。
3週間~1ヶ月後位に発芽する予定です。
冬の防寒対策は、もみ殻程度の予定です。
なので・・・向かって左側からの北風の寒風除けと、陽だまり効果を兼ねて黒マルチの上に5センチくらいの高さに土を盛って土手が作ってあります。

愛知における積雪は、5~20センチくらいで数日間で融けるので、この程度の防寒対策で十分と思われます。
また、本葉3~4枚位までのエンドウの幼苗は、比較的低温に強いので、それも考慮しています。


    H22.11.30エンドウ種袋@IMG_2611
    エンドウ種袋
これは、エンドウの種袋です。


=参考=
(一般地の場合)
キヌサヤエンドウ成駒三十日
   種蒔き・・・・10月中旬~11月下旬
   収穫時期・・・・4月中旬~5月下旬
スナック753
   種蒔き・・・・10月下旬~11月下旬
   収穫時期・・・・・5月中旬~6月下旬



これをもって、今年の冬野菜類の種蒔きは、全て終了しました。
後は、直播をした幼苗の移植が少し残っています。
来春の夏野菜の種蒔き再開まで、収穫をするのみです・・・・・



.



スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : スナックエンドウ キヌサヤエンドウ スナック753 成駒三十日 つるありえんどう  

line

第2弾ニンニク発芽の様子

11/30           第2弾ニンニク発芽の様子

本日の様子です。

      H22.11.30第2弾ニンニク発芽の様子@IMG_2601       H22.11.30ニンニク発芽の様子(拡大)@IMG_2602
     第2弾ニンニク発芽の様子     ニンニク発芽の様子(拡大)
写真左は、第2弾ニンニク発芽の様子です。
11月16日に種球を埋め込んで2週間経過しました。

写真右は、発芽の様子を拡大したものです。
気温の低下と、雨が1回しか降らなかったため、発芽が遅かったです。


     H22.11.30ニンニク発芽の様子(拡大2)@IMG_2603
    ニンニク発芽の様子(拡大2)
これは、ニンニクが地上に芽を出さなかった所の拡大写真です。
発芽はしたものの、斜めに曲がって黒マルチの下へ伸びていました。
救出して、地上に芽を出してやりました。

全ての種球を点検したところ、100%の発芽を確認しました。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ニンニク

line

エンドウ種蒔き予定地

11/29           エンドウ種蒔き予定地

本日、エンドウ類の種蒔き予定地の準備をしました。

   H22.11.29エンドウ予定地耕起前@IMG_2597          H22.11.29エンドウ予定地耕起後@IMG_2598
   エンドウ予定地耕起前             エンドウ予定地耕起後
写真左は、エンドウ予定地耕起前の様子です。
ここは、ナス類(適正PH=6.0~6.5)の植わっていた所です。
面積は、約80㎡です。
初めに8か所程PHを計って見ました。
PHは、6.2~6.4でした。
エンドウの適正PHは、6.5~7.0ですが、エンドウの後作を考慮してPHを6.5~6.6にする予定です。
なので、今回は石灰混合有機肥料が使えません。
そこで、もみ殻混合牛糞堆肥を使うことにしました。
写真左は、もみ殻混合牛糞堆肥を250キロと炭酸苦土石灰を25キロ撒いた後の様子です。

写真右は、トラクターで漉き込んだ後の様子です。
ここにエンドウ類を今週中に種蒔きする予定です。



   H22.11.24ピーマン・トウガラシ撤去@IMG_2581         h22.11.29ピーマン撤去地耕起後@IMG_2600
 ピーマン・トウガラシ撤去11/24          ピーマン撤去地耕起後
写真左は、11月24日のピーマン・トウガラシ撤去後の様子です。

写真右は、ピーマン撤去地耕起後の様子です。
石灰混合有機肥料を150キロ撒いてトラクターで漉き込みました。
PHは、6.1の予定です。
この場所は、来年の2月ころまで作付の予定はありません。


=参考=
エンドウ類の適正PH=6.5~7.0
許容範囲=PH6.0~7.5





.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : エンドウ種蒔き予定地

line

タマネギ定植(続)

11/26           タマネギ定植(続)

本日、タマネギを定植しました。

      H22.11.26タマネギ定植②R400,W300@IMG_2588         H22.11.26タマネギ定植③W450@IMG_2589
    タマネギ定植②R400,W300    タマネギ定植③W450 
写真左は、タマネギ定植後の様子です。
ここには、引き続き赤玉葱と晩生タマネギを定植しました。
赤玉葱は、「愛知赤玉葱」約400本です。
晩生タマネギは、「平安球型黄」約300本です。
定植間隔は、縦20センチ、横20センチにしました。
この左隣りの畝にタマネギを植える予定でしたが、「大納言あずき」がまだ撤収できないので、急遽場所を変更しました。

写真右は、場所を変更した所へタマネギを植えた様子です。
ここには、晩生の「平安球型黄」を約450本定植しました。
間隔は、縦・横20センチにしました。
炭酸苦土石灰を約10キロ追加で蒔いてPH調整しました。
PHは、6.4~6.5になる予定です。


     H22.11.26タマネギ種袋@IMG_2593
     タマネギ種袋
これは、タマネギの種袋です。
愛知赤玉葱」は、来年の5月中旬の収穫で、9月まで貯蔵できるようです。
平安球型黄」は、来年の6月下旬の収穫で、再来年の2月まで貯蔵できるようです。
保存期間が永い品種なので、ゆっくり消費できて便利ですね。


=参考=
タマネギの適正PH=6.5~7.0
許容範囲PH=6.0~7.5




.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 愛知赤玉葱 平安球型黄 タマネギ

line

ピーマン・伏見甘長トウガラシ撤去、紫芋収穫

11/24           ピーマン伏見甘長トウガラシ撤去、紫芋収穫

本日は、夏野菜の後片付けをしました。

    H22.11.24ピーマン・トウガラシ撤去@IMG_2581         H22.11.24紫芋収穫@IMG_2586
   ピーマン伏見甘長トウガラシ撤去    紫芋収穫
写真左は、ピーマン伏見甘長トウガラシを撤去した後の様子です。
とりあえず、ピーマン伏見甘長トウガラシを強制撤去しました。
ぺペロンチーノとハバネロは、まだまだ元気なので、放置することにしました。

写真右は、紫芋の収穫後の様子です。
今日は、紫芋の残り約20株位を収穫しました。

この場所の面積は、約180㎡です。
ここには、菜花を移植又は、直播する予定です。



.  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ピーマン 伏見甘長トウガラシ 紫芋

line

赤大根「あかね」・桜島大根の様子

11/23          赤大根「あかね」桜島大根の様子

本日の様子です。

      H22.11.23赤大根「あかね」@IMG_2575        H22.11.23赤大根「あかね」@IMG_2579
     赤大根「あかね」         赤大根「あかね」
これは、赤大根「あかね」の様子です。
現在、大きさは、長さ20センチ、太さ6センチくらいです。
収穫も近いですね。
種袋には、「60日くらいで長さ25センチ、重さ1キロ位になるダイコンです。」と書いてあります。


      H22.11.23桜島大根の様子@IMG_2577     H22.11.23大根の種袋@IMG_2580
      桜島大根の様子         大根の種袋
写真左は、桜島大根の様子です。
桜島大根特有の葉が見られます。
葉の表面に小さなとげがあって、少し痛いですね。
収穫は、2~3月と他の大根に比べ遅めです。
直径25~30センチ、長さ30~40センチ、重さ8~16キロ位になります。
桜島大根は、10年くらい前から7年程自家採種を続けて作ったことがあるのですが、次第に他のダイコンと交雑してしまったので、今年、新たに純粋種を蒔きなおしたものです。

写真右は、赤大根「あかね」と桜島大根の種袋です。



.
  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 赤大根「あかね」 あかね 桜島大根

line

白花ローゼルの様子

11/23           白花ローゼルの様子

本日の様子です。

     H22.11.23白花ローゼル(Oki)の様子@IMG_2573         H22.11.23白花ローゼル(Oki)の様子@IMG_2568
    白花ローゼル(Oki)の様子   白花ローゼル(Oki)の様子(拡大)
これは、白花ローゼル(Oki)の様子です。
10月14日の花蕾が出現ましたが、11月上旬から最低気温が連日一桁台になり、白花ローゼルの成長がほぼストップ状態になりました。

40日経過した本日現在も、花蕾は1センチくらいの大きさのままです。
あと10日間ほど気温が5℃くらい高かったら花が見られたのに・・・・・

     H22.11.23白花ローゼル(Oki)の様子@IMG_2571
     白花ローゼル(Oki)の様子
これは、白花ローゼル(Oki)の茎の下部の様子です。
連日のように最低気温0~5℃が続き、葉が枯れて自然落下しています。
今後さらに気温が低下すれば、霜により株全体が枯れてしまうでしょう。

白花ローゼルの花が咲くのを楽しみにしていたんですが・・・・・
今年は、どうも花を見ることなく最後を迎えそうです。
この品種は、露地では無理があるようです。
残念な結果です・・・・・
来年こそ・・・なんとか花を見たいものです。




.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 白花ローゼル ローゼル

line

ピンク花ローゼル収穫終了

11/21           ピンク花ローゼル収穫終了

11月21日のピンク花ローゼルの様子です。

     H22.11.21ピンク花ローゼル収穫終了@IMG_2561
     ピンク花ローゼル収穫終了
これは、ピンク花ローゼルの様子です。
最低気温一桁台の前半が連日続いています。
11月に入って霜も数回降りて、さすがにローゼルの葉もほとんど枯れてしまいました。

これをもって、ピンク花ローゼルの実の収穫も終了です。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル ピンク花ローゼル

line

菊芋・ヤーコンの様子

11/19           菊芋ヤーコンの様子

本日の様子です。

     H22.11.19菊芋の様子@IMG_2553       H22.11.19菊芋試し掘り@IMG_2555
     菊芋の様子           菊芋試し掘り
写真左は、菊芋の様子です。
気温の低下とともに、先端の葉も徐々に枯れ始めてきました。
高いもので、高さ3メートルくらいです。

写真右は、菊芋を試し掘りした様子です。
青い袋の上に1株掘って見た菊芋を乗せてあります。
これだけの芋が出来ていました。
例年よりは、少ないようです。
今年は、8月の水不足で葉が枯れてしまったため、芋の肥大が少なかったようですね。
菊芋は、12月から4月に新芽が出るまで順次収穫をすることができます。


     H22.11.19ヤーコンの様子@IMG_2554
     ヤーコンの様子
これは、ヤーコンの様子です。
台風と強風で主茎は倒れていますが、まだ脇芽が青々と茂っています。
12月の霜が降りる頃になると葉が枯れるので、それから掘り出して収穫をします。
収穫期間は、12月から3月頃まで続きます。
ヤーコンの種芋の保存方法等は、下記の方法で検索してくださいね。

(注) 菊芋とヤーコンの記事は、ブログ内検索で「菊芋」又は、「ヤーコン」と入力し「検索」をクリックすると、過去の記事を見ることができます。 



.  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 菊芋 ヤーコン

line

チャービル・イタリアンパセリの様子

11/19           チャービルイタリアンパセリの様子

本日の様子です。

    H22.11.19チャービルの様子@IMG_2551       H22.11.19イタリアンパセリの様子@IMG_2552
    チャービルの様子          イタリアンパセリの様子
写真左は、チャービルの様子です。
10月24日に定植したものです。
間もなく収穫が出来そうです。
収穫は、5月頃に花が咲くまで続きます。

写真右は、イタリアンパセリの様子です。
10月30日に定植しました。
こちらは、まだ苗が小さいですね。
収穫は、12月中旬頃からになりそうです。
収穫期間は、チャービルと同様に花が咲くまで続きます。

この後、12月に霜が連続して降りる頃になると、若い葉を守るためパイプ棚の周りに寒風除けシートとパイプ棚の中間の高さ1.5メートルくらいの所に霜除けネットを張ります。


.  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : チャービル イタリアンパセリ

line

チマサンチュの様子

11/19           チマサンチュの様子

本日の様子です。

     H22.11.19チマサンチュの様子@IMG_2550
     チマサンチュの様子
これは、チマサンチュ(赤葉種)の様子です。
ずいぶん葉が大きくなってきました。
間もなく葉を欠き採って出荷出来そうです。
収穫は、12月から3月に花が咲くまで続きます。

最近まで夜盗虫がよく葉を食べていましたが、気温の低下とともに見かけなくなりました。

肉類をこの葉でくるんで食べるのが一般的なようですね。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : チマサンチュ

line

タマネギ定植

11/18           タマネギ定植

本日、第1弾のタマネギを定植しました。

     H22.11.18タマネギ定植@IMG_2548       H22.11.18タマネギPH測定(PH6.45)@ IMG_2546
    (晩生)タマネギ定植        タマネギPH測定(PH6.45)
これは、晩生白タマネギを定植した後の様子です。
今日は、およそ500本弱定植しました。
3畝の半分位です。
定植間隔は、縦20センチ、横20センチにしました。

写真右は、タマネギのPH測定をしたところです。
PHは、6.45でした。
適正PHを僅かに下回っていますが、許容範囲内でしょう・・・・・

晩生タマネギの収穫時期は、6月頃になります。
赤タマネギは、まだ成育が悪いため、後日の定植になります。


=参考=
タマネギの適正PHは、6.5~7.0です。
(許容範囲=PH6.0~7.5)


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : タマネギ 晩生タマネギ

line

ソラマメ定植

11/18           ソラマメ定植

本日、ソラマメを定植しました。

     H22.11.18ソラマメ定植@IMG_2547      H22.11.18ソラマメPH測定(PH6.3)@ IMG_2544
     ソラマメ定植            ソラマメPH測定(PH6.3)
これは、ソラマメ定植後の様子です。
ソラマメは、写真右側の畝の右手前から6株植えました。
定植間隔は、幅90センチ、縦60センチにしました。
隣には、タマネギが植えてあります。

写真右は、PH測定をした所です。
PHは、6.3でした。

あっと!・・・ソラマメは、購入苗です。
これは、一寸(3粒)タイプのようですね。


=参考=
ソラマメの適正PHは、6.0~6.5です。
許容PHは、6.0~7.0くらいだったかな。

ソラマメは、本葉5~6枚くらいで越冬させるといいようです。
5~6月上旬の収穫になります。

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ソラマメ

line

第2弾ニンニク種球埋め込み

11/16          第2弾ニンニク種球埋め込み

本日、ニンニクの種を埋め込みました。

    H22.11.16第2弾ニンニク種球埋込み@IMG_2542
    第2弾ニンニク種球埋込み
これは、ニンニクの種球を埋込んだ後の様子です。
第2弾のニンニクは、2畝で380球埋め込みました。
間隔は、縦20センチ横20センチにしました。
このニンニクは、6月に収穫したものを保存して置いたものです。

これで今年のニンニクの埋め込みは終了です。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ニンニク

line

第2弾ミズナの定植

11/13          第2弾ミズナの定植

本日、ミズナを定植しました。

     H22.11.13第2弾ミズナ定植@IMG_2539
     第2弾ミズナ定植
これは、第2弾のミズナを定植した後の様子です。
定植間隔は、縦30センチ、横30センチです。
全部で45株定植しました。

第1弾の水菜は、すでに出荷が始まっています。
2~3月まで出荷を続けるために、時期をずらしています。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ミズナ

line

ニンニク・タマネギ場所準備

11/13          ニンニクタマネギ場所準備

本日、ニンニクタマネギの定植場所を作りました。

    H22.11.13ニンニク予定地準備@IMG_2537     H22.11.13タマネギ定植予定地準備@IMG_2535
    ニンニク予定地準備      タマネギ定植予定地準備
写真左は、ニンニクの種球の埋め込み予定地です。
第1弾の隣に2畝分約400球分の場所を準備しました。
来週には、埋め込む予定です。

写真右は、タマネギの定植予定地です。
第1弾分として、とりあえず3畝分準備しました。
面積は、約70㎡です。
石灰混合有機肥料を130キロ撒いてトラクターで漉き込みました。
PHは、6.5になる予定です。(タマネギの適正PHは、6.5~7.0です。)
11月下旬まで暫く寝かせて、再度PH確認の上、黒マルチを敷いて定植する予定です。

隣には、まだ丹波大納言あずきが植わっているので、収穫後に第2弾のタマネギを定植(45㎡)する予定です。


.


  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ニンニク タマネギ

line

食用ホオズキ(オレンジチェリー)の実収穫

11/11          食用ホオズキオレンジチェリー)の実収穫

本日、食用ホオズキオレンジチェリー)の実を収穫しました。

    H22.11.11食用ホオズキ(オレンジチェリー)の実収穫@IMG_2527           H22.11.11食用ホオズキ(オレンジチェリー)の実(拡大)@IMG_2529
食用ホオズキオレンジチェリー)の実収穫   オレンジチェリーの実(拡大)
写真は、食用ホオズキ(オレンジチェリー)の実です。
普通、直径2センチくらいの大きさの実になるのですが・・・・・(昨年の記録写真参照)
今年は、夏の猛暑と乾燥で、樹の成長がいまいちだったので、実が1センチくらいと小さいですね。

現在は、樹の成長も旺盛になってきたので、これから12月にかけて2センチ位の大きな実が収穫出来そうです。

(注)オレンジチェリーについては、このブログ右側のカテゴリー欄の「オレンジチェリー」をクリックすると、過去の記事がまとめてご覧いただけます。

=参考=
オレンジチェリーは、別名=食用ホオズキ、ケープグーズベリーストロベリートマトなどいろいろな名前で呼ばれています。

温暖地では実の収穫は、7月頃と10~12月頃の2回収穫できます。
実が熟すると、緑色の袋が写真のように白く透けて、中の黄色の実がぼんやりと見えてくるので、収穫時期が分かります。
完熟すると、袋が自然落果するので、それを拾ってもよいが・・・・・

オレンジチェリーは、本来多年草であるが、寒さに弱いので、霜が降りると、葉や茎が枯れてしまいます。そのため、寒冷紗などで全体をべたがけで覆うと暫くは、収穫を続けることができます。 


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 食用ホオズキ オレンジチェリー ケープグーズベリー ストロベリートマト

line

フェイジョアの実収穫

11/11          フェイジョアの実収穫

本日の様子です。

     H22.11.11フェイジョアの実収穫@IMG_2533
     フェイジョアの実収穫
これは、フェイジョアの実です。
普通、収穫は12月ですが、試しに一部を収穫して見ました。
実の大きさは、3~7センチくらいです。
2~3週間追熟させて、実が柔らかくなってから食べます。

フェイジョアの実は、完熟しても色は緑色のままです。
完熟した実は、少し黄緑っぽい感じかな・・・
葉の色も緑色の常緑樹なので、見分けるのが大変。
12月末頃に完熟すると順番に自然落果するので、それを拾ってもいいんですが・・・
拾うのを忘れると・・・虫に食べられてしまうので・・・(笑)


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : フェイジョア フェイジョアの実

line

プチヴェール(非結球性芽キャベツ)の様子

11/11          プチヴェール非結球性芽キャベツ)の様子

本日の様子です。

    H22.11.11プチヴェールの様子@IMG_2526      H22.11.11プチヴェールの様子@IMG_2524
    プチヴェールの様子    プチヴェールの様子(拡大)
写真左は、プチヴェール非結球性芽キャベツ)の様子です。
現在高さ30~40センチ位に成長しています。
最近まで、モンシロチョウの集中攻撃を受けて、青虫が大発生。
葉が穴だらけでした。
気温の低下とともに青虫も減ってきました。

写真右は、プチヴェールの幹の部分を拡大したものです。
葉の付け根の部分から脇芽が出てきました。
12月から3月にかけて脇芽の部分を欠き採って収穫します。
普通、高さ1メートル位に成長し、1本当たり50個程の脇芽を収穫することができます。
3月になると黄白色の花が咲き、菜の花同様に花も飾りとして出荷できますね。


=参考=
プチヴェールは、芽キャベツとケールの交配種です。
マスダ交配が開発した品種で、苗でのみ販売されています。
カルシウム、βカロチン、ビタミンC、鉄分を多く含む栄養価の高いヘルシー野菜です。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : プチヴェール 非結球性芽キャベツ

line

紅オクラ・緑オクラ撤去

11/10           オクラ撤去

本日、オクラを撤去しました。

     H22.11.10オクラ撤去前@IMG_2509      H22.11.10オクラ撤去後@IMG_2512
     オクラ撤去前         オクラ撤去後
写真左は、紅オクラ緑オクラの様子です。
紅オクラの高さは、1.8~2.6メートルでした。
緑オクラの高さは、1.4~1.7メートルでした。

写真右は、オクラ撤去後の様子です。
面積は、約50㎡です。
石灰混合有機肥料を120キロ撒いて、トラクターで漉き込みました。
PHは、手前6.2~奥6.4になる予定です。

ここには、ニンニクの第2弾と菜花類を種蒔きする予定です。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 紅オクラ 緑オクラ

line

バジル撤去

11/10          バジル撤去

本日、第1弾と第2弾に植えたバジルを撤去しました。

    H22.11.10バジル撤去中@IMG_2510     H22.11.10バジル撤去後@IMG_2514
    バジル撤去中       バジル撤去
写真左は、バジル撤去中の様子です。
第1弾と第2弾に植えたバジルは、気温の低下に伴い葉が硬くなって、柔らかい生葉が出荷できなくなってしまったので、撤去することにしました。
まだ第3弾に植えたバジルが残っているので、11月中は出荷できそうです。

写真右は、バジル撤去後の様子です。
面積は、約25㎡です。
石灰混合有機肥料を75キロ撒いて、トラクターで漉き込みました。
PHは、6.2~6.3になる予定です。


.
 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : バジル撤去

line

モロヘイヤ撤去

11/9          モロヘイヤ撤去

本日、モロヘイヤを撤去しました。

  H22.11.9モロヘイヤ撤去中@IMG_2504    H22.11.9モロヘイヤ撤去@IMG_2505    H22.11.9モロヘイヤ撤去後@IMG_2506
  モロヘイヤ撤去中    モロヘイヤ撤去         モロヘイヤ撤去後
写真は、モロヘイヤ撤去の様子です。
途中で切り戻したものもあるので、高さは1.6~2.2mでした。

夏野菜類の撤去も後数日続きます。
最後の追い込みです。


=記事追記=
11/11 モロヘイヤ撤去後

  H22.11.11モロヘイヤ撤去後@IMG_2516
  モロヘイヤ撤去後
これは、モロヘイヤ撤去後の様子です。
面積は、約20㎡です。
石灰混合有機肥料を80キロ撒いて、トラクターで漉き込みました。
PHは、6.2になる予定です。
ここは、このまましばらく寝かせます。
作付は、未定です。



.



theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : モロヘイヤ

line

白キュウリの様子

11/9           白キュウリの様子

本日の様子です。

     H22.11.9白キュウリの様子@IMG_2501
     白キュウリの様子
これは、白キュウリです。
9月28日に定植して、10月24日に花が咲きました。
本日様子を見て見ると、長さ20センチ位に大きくなっていました。
そろそろ初収穫出来そうです。
他に雌花が4果見えます。
引き続き11月中は、収穫できるといいですね。
最低気温3~5℃、最高気温13~18℃と低くなってきたので、夏野菜のキュウリは成長が非常に遅いですね。
キュウリの周りには、霜除けが取り付けてあります。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 白キュウリ

line

籾殻保管場所製作

11/7~8  籾殻保管場所製作

11月7~8日は、籾殻の保管場所を作りました。

     H22.11.8籾殻保管場所製作@IMG_2498
     籾殻保管場所製作
これは、籾殻の保管場所です。
竹藪に近い場所に作りました。
大きさは、縦3.6メートル、横3.2メートル、高さ2メートルです。
籾殻の有効貯蔵体積は、約20立方メートルです。

太めの竹で骨格を作り、外周をビニールシートで覆いました。
雨水の侵入対策のため、シートはほぼ2重構造にしました。
明日から籾殻を搬入する予定です。


.


 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 籾殻保管場所

line

切り花ハイビスカス(白花)の種取り

11/3          切り花ハイビスカス(白花)の種取り

本日、切り花ハイビスカス(白花)の種取りをしました。

     H22.11.3切り花ハイビスカス(白花)@IMG_2477         H22.11.3切り花ハイビスカスの実収穫@IMG_2491
     切り花ハイビスカス(白花)      切り花ハイビスカスの実収穫
写真左は、切り花ハイビスカス(白花)の様子です。
最初に花が咲いてから1か月半以上経過しました。
このあたりで種取りをしたいと思います。

写真右は、切り花ハイビスカス(白花)の実を収穫した所です。


     H22.11.3切り花ハイビスカスの種とがく@IMG_2494       H22.11.3(左)ピンク花ローゼル&(右)切り花ハイビスカスのティーの様子@IMG_2497
切り花ハイビスカスの種とがく  (左)ピンク花ローゼル&(右)切り花ハイビスカスのティーの様子
写真左は、切り花ハイビスカス(白花)の種とがくの部分を分離した所です。

写真右は、がくの部分をティーにした様子です。
ピンク花ローゼルと比較して見ました。
左は、ピンク花ローゼルです。
右は、切り花ハイビスカス(白花)です。

切り花ハイビスカス(白花)の色は、ごく薄い黄色です。
殆ど色は、感じられません。
匂いも薄い感じ・・・

ティーを味見して見ました。
えぇ~~~!!!
まるで・・・・・くりそつ!!!(爆笑)
色は違えど、酸味は区別つかないほど・・・
でも、鮮やかなルビーレッドに慣れ親しんだ者にとっては、違和感があります。


.
      
        

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 切り花ハイビスカス 白花ハイビスカス

line

白花ローゼルの様子

11/3           白花ローゼルの様子

本日の様子です。

     H22.11.3白花ローゼル(Oki)の様子@IMG_2473          H22.11.3白花ローゼル(Oki)の花蕾(拡大)@IMG_2464
   白花ローゼル(Oki)の様子     白花ローゼル(Oki)の花蕾(拡大) 
写真左は、白花ローゼル(Oki)の様子です。
10月14日に白花ローゼル(OKI)の花蕾の出現を確認してから20日(約3週間)が経過しました。
普通なら花が咲くころですが・・・・・
ここ1週間くらいほとんど変化なしです。・・・?・・・(何故かな?)

写真右は、白花ローゼル(Oki)の花蕾の部分を拡大したものです。
いつ花が咲くのかな・・・・・


     H22.11.3白花ローゼル(Oki)初霜被害@IMG_2479
   白花ローゼル(Oki)初霜被害
写真は、白花ローゼル(Oki)の初霜被害の様子です。
1週間ほど前に初霜が降りました。
良く見ると・・・ローゼルの先端の葉や芽の部分が霜で凍って枯れています。
白花ローゼルの約1割くらいに、被害が見られます。
ローゼルは、ここ1週間ほどほとんど成長していません。
急激な寒さにより、成長がほぼストップしたようです。

昨年は、11月中旬頃に初霜が降りたのに・・・今年は早いような・・・
今後、第2弾・第3弾の霜が降りると・・・花を見ることさえ危ぶまれます。
せめて・・・花だけでも・・・見たい・・・


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 白花ローゼル

line

さつまいも掘り

11/3  さつまいも掘り

本日からさつまいも掘りを始めました。

     H22.11.3さつまいも堀り@IMG_2481
     さつまいも堀り
写真は、さつまいも畑の様子です。
さつまいもは、3か所に分けて植えてあります。
ここの面積は、約1アールです。
本日の作業は、さつまいもの蔓を切って、黒マルチを撤去して、数株試し掘りをしました。
夏に乾燥が続いた影響か、少し小さめでした。。(写真省略)
明日から順番に掘り上げていきます。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : さつまいも堀り

line

ニンニク発芽の様子

11/3          ニンニク発芽の様子

本日の様子です。

    H22.11.3ニンニク発芽(100%確認)の様子@IMG_2483         H22.11.3ニンニク発芽の様子(拡大)@IMG_2484
  ニンニク発芽(100%確認)の様子    ニンニク発芽の様子(拡大)
写真左は、ニンニク発芽の様子です。
10月25日にニンニクの種球を埋め込んでから、9日目になります。
本日午後、発芽の様子を確認したところ約800個全て、100%の発芽率でした。
例年数個は発芽しないものもあるのに・・・パーフェクトとは珍しい。

写真右は、発芽の様子を拡大したものです。
綺麗に生えそろっていますね。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ニンニク ニンニク発芽

line

ため池の草刈り作業

11/3          ため池の草刈り作業

本日の午前中、ため池の草刈り作業をしました。

  H22.11.3ため池草刈り作業@IMG_2490   H22.11.3ため池草刈り作業@IMG_2486   H22.11.3ため池草刈り作業@IMG_2489
 ため池草刈り作業1      ため池草刈り作業2      ため池草刈り作業3
写真は、ため池の草刈り作業終了後の様子です。
田んぼの水系ごとの水利権者の中から、毎年10人が交替でため池の管理をします。

ため池係の主な仕事は、5~9月は田んぼに水が行くように水の調節をすることと、10~11月頃の池の堤防や周りの雑草の草刈りと、2月の畦焼きです。

本日の作業は、各自草刈り機を使っての除草で、10人で2時間30分ほどかかりました。
このため池は、6~7年に1回、当番が回ってきます。


.



theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ため池草刈り

line

2009.2

2011.7

line

まとめ

line
お知らせ
ローゼルの種子 プレゼント中
ピンク花ローゼルの種子を数量限定で無償プレゼント中。 詳しくは、 2016年12月5日の記事をご覧ください。(2016/12/14)
line
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
line
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
line
最新コメント
line
最新記事
line
カテゴリ
line
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
line
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
わいわいカウンター
閲覧者数:累計
line
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QRコード
line
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
line
sub_line