ピンク花ローゼルの種子無償プレゼントします

2010/12/30 ピンク花ローゼルの種子無償プレゼント

大変、お待たせしました。
今年のローゼル普及活動を再開します。
ローゼル栽培に興味のある方は、ご遠慮なくお申込みください。

     H22.12.30ピンク花ローゼルの種子無償プレゼントIMG_2726@
     ピンク花ローゼルの種子無償プレゼント
これは、12月3日にピンク花ローゼルの種子の乾燥を終了したものをプレゼント用に小袋に小分けした様子です。
1袋で約10グラム強、約100~140粒くらい入っています。
12月に入ってから諸々の雑用多忙のため、種子の選別作業をする時間がありません。
なので・・・・・今年は勝手ながら希望者の方に選別をお願いします。

ローゼルに関する記事は、ブログ内の「カテゴリ」欄の「ローゼル」をクリックすれば、過去の記事を閲覧することができます。
ローゼルの栽培に関する注意事項などがご覧いただけます。

  


ローゼルの種子の配布方法と配布数量については、以下のとおりとさせていただきます。

1 配布数量
  1名当たり1袋(約10グラム=約100~140粒入り)を配布します。
  栽培可能面積は、約150㎡です。
  余った種子は、来年も播種可能です。
  なお、これ以上の数量を希望される方は、相談に応じます。

2 配布人数及び方法
  今回は、50名程度とさせていただきます。
  ボランティア活動で配布しますので、無償配布とします。
  郵送料等も全て当方で負担します。
  平成23年1月末までには郵送完了する予定です。

3 送付先連絡方法
  当ブログのコメント欄へ「送付先住所及び氏名」を記入の上、
  個人情報保護のため、
  必ずSecretの「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れて、
  「送信」ボタンを押してください


=2011/05/05追記=
今年のローゼル種子プレゼントは、終了しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=ローゼル普及活動結果報告=
前回報告の2010年7月24日から本日までに、愛知県内の新規8名の方にローゼルの実約15キロと種子約200グラムをお分けしました。
累計62名になりました。
ローゼル普及活動にご賛同・ご協力いただき、誠にありがとうございました。
  
スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル ピンク花ローゼル種子 種子プレゼント

line

神社の門松製作、寒桜の開花

12/28           神社の門松製作寒桜の開花

本日、お正月用の門松を作りました。

    H22.12.28神社門松製作@IMG_0215      H22.12.28寒桜8分咲きIMG_0228 @
    神社門松製作            寒桜8分咲き
写真左は、門松製作後の様子です。
門松の大きさは、上から背の高い順に松=5メートル、竹=3.5m、梅・南天=2メートル、その他です。
向かって左側が雄松、右側が雌松です。
松の前に孟宗竹を左右3本づつ荒縄で束ねてあります。
竹は、必ず新竹(1年目の竹)を使います。
竹の上部を写真のように斜めにカットし、上から順に3か所を荒縄で7本・5本・3本と巻いて固定します。
竹の前には、梅、南天、千両、万両、クマザサ、うらじろ、葉ボタンなどを適宜配置します。
これらを納める鉢は、ドラム缶を半分に切ったものを再利用しています。
鉢の周りには、檜の皮を巻いて上から順に3か所を7本・5本・3本のシュロ縄で固定します。
我が神社では、この様な方法で門松作りが昔から永々と行われているようですね。

写真右は、寒桜です。
現在、8分咲きです。
お正月には、満開になるようです。


    H22.12.28左門松製作(雄松)@IMG_0223      H22.12.28右門松製作(雌松)@IMG_0220
    左門松製作(雄松)     右門松製作(雌松)
写真左は、雄松の様子です。
写真右は、雌松の様子です。


    H22.12.28門松(拡大)@IMG_0225
    左門松(雄松)(拡大)
これは、雄松を拡大した様子です。
赤、黄、緑、白など、色どりが綺麗ですね。


私は、これから約10日間程神社の年末年始の行事が続くので、畑の仕事はしばらくお休みになりそうです。


=参考=
門松の主な材料(原則、奇数本)
 松・・・雄松(黒松)・・H5.0m・・・1本
     雌松(赤松)・・H5.0m・・・1本
 孟宗竹(新竹)・・・・・・H3.0~3.5メートル・・・6本
 梅・・・・・・・・・・・・H2.0m・・・6本
 南天・・・・・・・・・・・H2.0m・・・10本
 千両・・・・・・・・・・・H50~70センチ・・・6本
 万両・・・・・・・・・・・H40~50センチ・・・2本
 クマザサ・・・・・・・・・H40~60センチ・・・60本
 うらじろ・・・・・・・・・H30~60センチ・・・30本
 葉ボタン・・赤・・・・・・H20~30センチ・・・2本
       白・・・・・・H20~30センチ・・・4本
 その他・・・荒縄、ドラム缶植木鉢、檜の皮、黒色シュロ縄、川砂、どのう袋、番線など



.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 門松 門松製作 寒桜

line

サラダバーネットの様子、コリアンダーの様子

12/24           サラダバーネットの様子、コリアンダーの様子

本日の様子です。

     H22.12.24サラダバーネットの様子@IMG_2706     H22.12.24コリアンダーの様子@IMG_2708
    サラダバーネットの様子     コリアンダーの様子
写真左は、サラダバーネット(オランダワレモコウ)の様子です。
バラ科ワレモコウ属で、多年草です。
現在株の直径は、40~50センチくらいです。
葉を利用します。
葉には、キュウリのような香りがあり、サラダやスープ、ドレッシング等に使います。

開花期は、5~6月です。
写真中央に花が咲いた跡が見えます。
花の写真をUPするのを忘れていました。(冷汗)
種こぼれが発芽して、すでに直径10センチ位の苗になっています・・・

写真右は、コリアンダーの様子です。
別名、シャンツァイ、パクチー、コエンドロ、カメムシソウです。
現在直径30~40センチ位です。
12月~3月にかけて葉を欠き採って出荷します。
花は、料理の飾りに使えます。
種子も料理に使いますね。



.
  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : サラダバーネット コリアンダー

line

ビワの花、グレープフルーツの実、金柑の実

12/24           ビワの花グレープフルーツの実金柑の実

本日の様子です。

    H22.12.24ビワの花@IMG_2712      H22.12.24ビワの花(拡大)@IMG_2711
    ビワの花               ビワの花(拡大)
写真左は、ビワの花です。
現在5分咲きくらいです。

写真右は、ビワの花の拡大写真です。


    H22.12.24グレープフルーツの実@IMG_2714      H22.12.24金柑の様子@IMG_2717
    グレープフルーツの実       金柑の実
写真左は、グレープフルーツの実です。
現在、実の直径は10~15センチくらいです。

写真右は、金柑(キンカン)の実です。
実の大きさは、2~3センチです。


.  
    

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ビワの花 グレープフルーツの実 金柑の実

line

タアサイの様子、ワサビ菜の様子

12/24           タアサイの様子、ワサビ菜の様子

本日の様子です。

     H22.12.24タアサイの様子@IMG_2709      H22.12.24ワサビ菜(グリーンマスタード)の様子@IMG_2719
    タアサイの様子          ワサビ菜グリーンマスタード)の様子
写真左は、タアサイの様子です。
現在、直径30~40センチです。
12月~2月にかけて収穫します。

写真右は、ワサビ菜グリーンマスタード)の様子です。
高さ35~40センチくらいです。
葉を欠き採って収穫しています。
12~3月にかけて収穫します。


.  

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : タアサイ ワサビ菜 グリーンマスタード

line

ポリジ防寒対策、ヤロウの花、ジャーマンカモマイルの様子

12/22           ポリジ防寒対策、ヤロウの花、ジャーマンカモマイルの様子

本日の作業・様子です。

   H22.12.22ポリジ防寒対策前@IMG_2695      H22.12.22ポリジ防寒対策後@IMG_2703
   ポリジ防寒対策前             ポリジ防寒対策後
写真左は、ポリジの防寒対策中の様子です。
ポリジは直接霜に当たると枯れてしまうので、防寒対策をします。

写真右は、ポリジ防寒対策後の様子です。
全体を不織布で覆いました。
花の数も少なくなってきたので・・・・・春までお休みです。


   H22.12.22ホワイトヤロウの花@IMG_2697        H22.12.22ジャーマンカモマイルの様子@IMG_2700
   ホワイトヤロウの花        ジャーマンカモマイルの様子
写真左は、ホワイトヤロウの花です。
季節外れの花が咲いていました。

写真右は、ジャーマンカモマイルの様子です。
株の直径は、20センチくらいになっています。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ポリジ ヤロウ ジャーマンカモマイル

line

ソラマメ・タマネギの防寒対策

12/21           ソラマメタマネギ防寒対策

本日の作業です。

     H22.12.21ソラマメ・タマネギ不織布防寒中@IMG_2692       H22.12.21ソラマメ・タマネギ不織布防寒後@IMG_2693
   ソラマメタマネギ不織布防寒中   ソラマメタマネギ不織布防寒後
写真左は、ソラマメタマネギに不織布防寒の作業中の様子です。
ソラマメは、定植した苗が大きくて、すでに本葉が7~8枚出ています。
本葉3~4枚までの幼苗は、低温に比較的強いのですが、それ以上に育った苗は低温に弱くなってしまいます。
これでは、葉が霜に当たって凍死してしまう恐れがあります。
仕方ないので、不織布で覆うことにしました。
ついでに、タマネギの苗も少し小さいので・・・保護してやることにしました。
(茎の直径が3ミリ以上のタマネギ苗は、強い霜柱で土が持ちあげられるような環境でない限り、不織布などで保護する必要はありません(露地に放置でよい。)

写真右は、ソラマメ・タマネギ不織布防寒後の様子です。
不織布で覆って、強風で飛ばないようにすその部分を土で押さえました。
例年雪は、最大8~10センチくらいしか積もらないので、この程度で大丈夫でしょう・・・・・

その他2か所のタマネギにも不織布をかけました。



. 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ソラマメ タマネギ 防寒対策

line

葉ネギの移植

12/21           葉ネギの移植

本日、葉ネギを移植しました。

    H22.12.21葉ネギ移植前@IMG_2686      H22.12.21葉ネギ移植後@IMG_2690
    葉ネギ移植前            葉ネギ移植
写真左は、葉ネギの移植前の様子です。
今年の春に種蒔きし、6月に定植したものです。
収穫しきれずに余ったものが、17メートルほどあります。
すでに分けつを繰り返し、びっしりの状態になっています。

写真右は、葉ネギの移植後の様子です。
とりあえず、5メートルほど掘って移植しました。
間隔を開けて植えたら、延べ40mになってしまいました。(笑)

今頃の時期のネギの移植は、あまり最善とは言えないんですが・・・・・
ネギは移植に強いので、一般地では1年中いつでも行うことが可能です。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 葉ネギ 葉ネギ移植

line

エンダイブ移植

12/20           エンダイブ移植

本日の様子です。

  H22.12.20エンダイブ移植@IMG_2679    h22.12.20エンダイブ移植(拡大)@IMG_2680    H22.12.20エンダイブ種袋(11.4蒔き)@IMG_2684
  エンダイブ移植    エンダイブ移植(拡大)    エンダイブ種袋(11/4蒔き)
写真左は、リーフレタスのエンダイブを移植した後の様子です。
11月4日に畑に第2弾として直播をしたものが本葉3~5枚になったので、移植しました。
間隔は、縦30センチ、横30センチにしました。

写真中央は、拡大した様子です。
気温が低いので、成長はゆっくりだと思いますが、2~3月頃に収穫の予定です。

写真右は、エンダイブの種袋です。
これは、プランター用と書いてありますが、畑用と同じですね。(笑)


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : エンダイブ

line

ローゼル跡地耕起

12/20           ローゼル跡地耕起

本日の作業です。

     H22.12.20ローゼル跡地耕起@IMG_2681
     ローゼル跡地耕起
これは、ローゼルを撤去した跡地の耕起後の様子です。
ローゼルの残骸が山のようになっています。
面積は、約120㎡です。
この場所は、粘土質の土地なので土壌改良のため、もみ殻約200キロと石灰混合有機肥料180キロを撒いてトラクターで漉き込みました。
PHは、6.2の予定です。
来年の4月に夏野菜類を植えるまでの間、このまま放置します。
少しは、土が柔らかくなるかな?



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 定植場所準備

line

エンドウ発芽の様子

12/18           エンドウ発芽の様子

本日の様子です。

     H22.12.18スナックエンドウ753発芽@IMG_2678       H22.12.18早生キヌサヤエンドウ(成駒三十日)発芽@IMG_2676
   スナックエンドウ753発芽     早生キヌサヤエンドウ成駒三十日)発芽
写真左は、スナックエンドウスナック753)の発芽の様子です。
11月30日に直播をしてから18日目になります。
2日ほど前から地中から頭を出し始め、現在6~7割方発芽したようです。

写真右は、(早生)キヌサヤエンドウ成駒三十日)の発芽の様子です。
11月30日に直播をして18日目になります。
4~5日前から地中から頭を出し始め、現在7~8割方発芽したようです。

今後、12月中には生えそろって、幼苗の状態で越冬することになります。
本葉3~4枚までの幼苗は比較的低温に強いので、一般地(愛知)ではもみ殻程度でも越冬出来るようです。


=参考=
エンドウの発芽日数について(およその目安)
エンドウが発芽するまでの日数は、発芽積算温度から計算できます。
エンドウの発芽積算温度は、多くの資料を調べると80℃~120℃と幅がありますが、多くは100℃となっています。
ただし、エンドウの最低発芽温度が2℃のようなので、5℃以下の気温の時間分は除外する。
計算例
名古屋気象台の12月の平年値(過去20年間の平均)
   平均気温=6.7℃
   最高気温=11.4℃
   最低気温=2.6℃
100℃÷6.7℃=14.9日
5℃以下を除外すると・・・・・
約17~20日で発芽となる。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : スナックエンドウ スナック753 キヌサヤエンドウ 成駒三十日

line

フェンネル・スペアミントの防寒対策

12/17           フェンネルスペアミント防寒対策

本日、フェンネル及びスペアミント防寒対策をしました。

     H22.12.17フェンネルの防寒対策@IMG_2659       H22.12.17スペアミントの防寒対策@IMG_2675
     フェンネル防寒対策       スペアミント防寒対策
写真左は、フェンネルの防寒対策後の様子です。
北側と東北側に高さ1mの寒風除けのシートを取り付けました。
天井部分には、遮光率50パーセントの遮光ネットを転用して霜除けネットを張りました。

写真右は、スペアミントの防寒対策後の様子です。
ここにも北側と東北側に高さ1mの寒風除けのシートを取り付けました。
天井部分には、遮光率60%の遮光ネットを兼用して、霜除けとして追加で取り付けました。
簡易的な防寒対策なので、1月中旬頃までは生葉を収穫できるのですが、その後は流石に寒さで地上部分は枯れてしまいます。
ミントは、春に新芽が出てくるまで、しばし冬眠になります。


=追記=
バジルについては、寒さに弱いため1年草扱いである。
今年も葉が枯れたため、12月中旬にカットした。
防寒対策を完璧(暖房)にすれば、越冬させることも可能であると思われるが・・・・・
コストと手間がかかりすぎるため、3月に種蒔きをする予定である。

.

   


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : フェンネル スペアミント 防寒対策

line

ヤーコン・菊芋の芋掘り開始

12/17          ヤーコン菊芋の芋掘り開始

冬の寒さ到来とともに、ヤーコン菊芋の葉も枯れたので、本格的に芋掘りを始めました。

     H22.12.17ヤーコン芋堀り開始@IMG_2660        H22.12.17菊芋堀り開始@IMG_2670
     ヤーコン芋堀り開始          菊芋堀り開始
写真左は、ヤーコン芋堀り開始の様子です。
葉の部分がすでに降霜で枯れてしまっています。
これから3月にかけて順次収穫していきます。
ヤーコンの芋の部分を収穫して、種イモの部分は、そのまま土に深さ10センチくらい埋め込んで保存します。
一般地で、ー5℃程度までの地域では、こんな保存方法も可能です。
写真手前が、種イモを埋め込んだところです。
春になって新芽が出てきたら、連作障害回避のため新しい場所に植えかえる予定です。
ヤーコンは、食べる芋の部分と種イモの部分が別々です。
種イモは、茎が付いている付け根の部分に「こぶのような塊」になっているところです。

今年は、夏場に猛暑と乾燥で株の成育が悪かったので、例年より芋の大きさが小振りです。
芋の大きさは、長さ15~20センチくらいでした。

写真右は、菊芋の芋掘り開始の様子です。
葉と茎は、すでに寒さのため枯れてしまっています。
これから3月にかけて順次収穫をしていきます。
菊芋は、大きい芋を収穫し、小さい芋は翌年の種芋として後ろ(写真手前の部分)へそのまま深さ10センチ位のところへ埋め込んで保存します。
芋の大きさは、4~8センチくらいです。
これも例年に比べ、やや小さいですね。
元肥等は、来春芽が出るまでの間に土の上から与えます。
菊芋は、連作障害が出るから場所を変えた方がよいと、多くの資料に書いてありますが・・・・・
この場所で、すでに7~8年連作していますが、特に目立った障害は確認していません。
理由は分かりません。
いつか出るかな?

=参考=
 ヤーコン・菊芋の収穫物の様子等については、過去記事を参照してください。
 ブログ内検索で「ヤーコン」又は「菊芋」と入力し、検索をクリックすれば、過去記事を見ることができます。
 また、カテゴリ欄の「ヤーコン」をクリックしても「ヤーコン・菊芋」関連の記事を一覧で見ることができます。




.


      
 

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ヤーコン 菊芋

line

コウサイタイ・ワサビ菜(グリーンマスタード)の様子

12/17          コウサイタイワサビ菜グリーンマスタード)の様子

本日の様子です。

     H22.12.17コウサイタイの様子@IMG_2668        H22.12.17わさび菜(グリーンマスタード)の様子@IMG_2671
    コウサイタイの様子      わさび菜(グリーンマスタード)の様子 
写真左は、中国野菜のコウサイタイ紅菜苔べになばな)の様子です。
11月上旬に直播しました。
中央の小さい苗は、間引き菜を移植したものです。
3月頃に赤紫のトウを収穫します。
サラダや料理の添え物に使います。

写真右は、わさび菜(グリーンマスタード)です。
12月中は、幼苗を抜き菜します。
1~3月に葉を欠いて出荷します。
3~4月には、花芽を摘んで出荷します。
これも、サラダや料理の添え物に使いますね。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : コウサイタイ 紅菜苔 べになばな ワサビ菜 グリーンマスタード

line

レモンバーベナの防寒対策

12/16          レモンバーベナの防寒対策

ハーブ類の防寒対策が連日続いています。
今日は、レモンバーベナに囲いをしました。

     H22.12.16レモンバーベナの防寒対策@IMG_2657
     レモンバーベナの防寒対策
これは、レモンバーベナに防寒対策をした後の様子です。
アーチパイプで外枠を作って、北側、西側及び東側に寒風除けのビニールシートを取り付けました。
レモンバーベナの高さは、1.8メートルです。
天井部分には、霜除けネットを取り付けました。

写真左側の樹がレモンバーベナです。
ついでに右側のレモンバームも囲って置きました。


.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : レモンバーベナ

line

レモングラスの防寒対策

12/15           レモングラスの防寒対策

本日、レモングラスの冬仕度をしました。

     h22.12.15レモングラスの防寒対策@IMG_2654         h22.12.15レモングラスの防寒対策後@IMG_2655
    レモングラスの防寒対策     レモングラスの防寒対策後
写真左は、レモングラスの防寒対策中の様子です。
昨年は、レモングラスの株を掘り出して、自宅の育苗ビニールハウス内に引越しさせたのですが、今年はこのまま越冬させることにしました。
レモングラスの株を高さ10センチの所でカットして、もみ殻をかけた所です。
その後、小トンネル用の支柱をセットしました。

写真右は、防寒対策後の様子です。
ビニールで覆うと高温・多湿によって株が腐る恐れがあるので、通気性のある不織布を2重にして被せました。
レモングラスは、ハーブ類の中でも寒さに弱い方なのですが・・・
一般地なので、ー5℃までならこの程度で十分と思われます。


.




theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : レモングラス

line

ワイルドストロベリー移植、アーティチョーク・カールドンの様子

12/14           ワイルドストロベリー移植、アーティチョークカールドンの様子

本日、ワイルドストロベリーを移植しました。

     H22.12.14ワイルドストロベリー移植@IMG_2645
     ワイルドストロベリー移植
これは、ワイルドストロベリーを45株移植した後の様子です。
草に埋もれていたため、救出しました。
間隔は、縦30センチ横40センチにしました。


     H22.12.14アーティチョークの様子@IMG_2647       H22.12.14カールドンの様子@IMG_2652
    アーティチョークの様子     カールドンの様子
写真左は、アーティチョークの様子です。
今年の春に種蒔きをしたものです。
来年の夏に直径13~16センチくらいの花蕾が1株から10個ほど収穫出来そうです。
開花前の蕾は、ゆでたりフライにして付け根の花托や花芯を食べます。

写真右は、カールドンの様子です。
ここには、2種類あります。
アーティチョークの近縁種なので、良く似ています。
アザミに似た花は直径10~12センチ位とやや小さく、花を切り花にします。
葉柄をゆでて食べることができます。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ワイルドストロベリー アーティチョーク カールドン

line

チャービル・イタリアンパセリの防寒対策

12/12           チャービルイタリアンパセリの防寒対策

本日、チャービルイタリアンパセリに寒風除けと霜除けを取り付けました。

     H22.12.12チャービル・イタリアンパセリの防寒対策@IMG_2640
   チャービルイタリアンパセリの防寒対策
これは、チャービルイタリアンパセリに寒風除けと霜除けを取り付けた様子です。
北側と北東側の外周のパイプに、高さ1メートルの寒風除けを取り付けました。
天井部分には、高さ1メートル~1.5メートルの高さに斜めに霜除けを取り付けました。
なお、半日蔭の状態を作るため、透過率55パーセントの遮光ネットを天井と南側部分に使っています。
1~2月の最低気温がー5℃~0℃くらいなので、過去7~8年間この程度の防寒対策で十分でした。


     H22.12.12チャービルの様子@IMG_2638      H22.12.12イタリアンパセリの様子@IMG_2639
     チャービルの様子         イタリアンパセリの様子
写真左は、チャービルの様子です。
生葉の出荷は、11月末から始めています。

写真右は、イタリアンパセリの様子です。
生葉の出荷は、1月からになりそうです。



.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : チャービル イタリアンパセリ

line

オレンジチェリーの様子

12/11           オレンジチェリーの様子

本日の様子です。

  H22.12.11オレンジチェリーの様子@IMG_2632    H22.12.11オレンジチェリーの様子@IMG_2637    H22.12.11オレンジチェリーの様子@IMG_2635
オレンジチェリーの様子  オレンジチェリー(拡大) オレンジチェリー(袋の中の様子)
写真左は、オレンジチェリーの様子です。
9月以降涼しくなってから花が咲いて、実が成ったものがまだ相当数ぶら下がっています。
袋の緑色のものは、まだまだ未熟です。
11月から少しずつ収穫をしているのですが・・・・・
12月に入って霜が降りるようになったので、全体を寒冷紗で覆ってあります。
年内は枯れないと思いますが、1月になって連日氷点下の気温が続くと・・・
露地では、たぶん枯れるかな・・・?

写真中央は、拡大した様子です。
袋の部分が白く透きとおって中の黄色の実が見えるようになったら収穫できます。

写真右は、袋を破って中身を見た様子です。
実の大きさは、1.5センチくらいです。
少し黄色くなっていますね。
間もなく収穫できるようです。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : オレンジチェリー

line

野菜場所準備

12/11           野菜場所準備

本日、野菜類の場所で空いた土地の整理をしました。
ここの他にも5か所ほど耕しました。

      H22.12.11野菜場所準備@IMG_2630
     野菜場所準備
ここは、各畝の出入り口、いわゆる通路の部分です。
通路から右の畝で空いた部分を耕しました。

ローテーションの都合で、やりくりが付かない時に最後に植える場所です。
面積は、約30㎡です。
従って、当分の間遊休地になります。

写真手前の枯れたシソの枝は、散歩中の放し飼いの犬が勝手に入り込まないようにする囲いです。(笑)



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 定植場所準備

line

赤大根「あかね」の収穫

12/10           赤大根「あかね」の収穫

本日の収穫物です。

    H22.12.10赤大根「あかね」収穫@IMG_2625
    赤大根「あかね」収穫
これは、赤大根「あかね」です。
大きさは、長さ23センチ、太さ8センチくらいです。
明日、サラダにして試食するつもり・・・
来週くらいから出荷する予定です。

大根を切った様子は、11月23日の記事の中に種袋の写真があるので、参照してください。


.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 赤大根「あかね」 あかね 赤大根

line

ピーマン型トマト・白キュウリ収穫

12/10           ピーマン型トマト白キュウリ収穫

本日、収穫して見ました。

     H22.12.10ピーマン型トマト・白キュウリ収穫@IMG_2627
    ピーマン型トマト白キュウリ収穫
写真左側が、ピーマン型トマトです。
今年試験的に秋に植えたものです。
直径7センチ、高さ6センチ位の大きさになったので、試しに収穫して見ました。
全ての実が縦に4分割の筋が入った形をしています。
10月23日から1か月半を経過して、色もわずかに赤味を増してきました。
味は、普通のトマトです。
12月に入って気温が一桁台の日が続いているため、実の成長はスローです。
露地で霜除け程度のため、樹も凍死寸前です。


写真右は、白キュウリです。
これも試験的に秋に植えたものです。
長さは、約17センチです。
これは、8本目の収穫になります。
低温のため、花が咲いてから3週間くらいでこの大きさになります。
まだ、花は咲き続けているんですが・・・・・
霜も降りているので、樹が凍死するのは風前の灯火です。
味は、普通のキュウリ味です。

夏野菜類は、やはり夏に収穫するのがいいようですね。


.


theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ピーマン型トマト 白キュウリ

line

ディルの防寒対策

12/7           ディルの防寒対策

本日、ディルに寒風・霜除けを取り付けました。

     H22.12.7ディルの防寒@IMG_2622       H22.12.7ディルの防寒(拡大)@IMG_2624
     ディルの防寒対策         ディルの防寒対策(拡大)
写真左は、ディルに寒風・霜除けを取り付けた後の様子です。
(奥に写っている車は、隣の畑のです。)
キュウリ用のパイプを流用して枠を作り、北側と北東側に高さ1メートルの草除けシートを張って寒風除けにしました。
また、遮光ネットを流用して高さ1メートルの所に霜除けを取り付けました。
南西側は、1~2月の厳冬期のみ囲う予定です。
冬季の最低気温がー5℃~0℃の一般地では、この程度の防寒対策で十分と思われます。

写真右は、ディルの様子を拡大したものです。
現在、本葉5~8枚の大きさです。
5~6月に花が咲くまで、生葉の収穫が続きます。
その後、6~7月に種子を収穫します。
ディルの花や種子(ディルシード)も、料理によく用いられますね。


.




theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ディル

line

ローゼルの種乾燥終了

12/3           ローゼルの種乾燥終了 

本日の様子です。

    H22.12.3ピンク花ローゼルの種乾燥終了@IMG_2619         H22.12.3白花ローゼル(ann)・白花ハイビスカスの種乾燥終了@IMG_2620
ピンク花ローゼルの種乾燥終了  白花ローゼル(ann)・白花ハイビスカスの種乾燥終了
写真左は、ピンク花ローゼルの種です。
実を収穫してから3週間~6週間自然乾燥しました。
本日をもって乾燥は、終了です。
種の量は、約1リットル程採れました。

写真右は、白花ローゼル(ann)と白花ハイビスカスの種です。
向かって左側が白花ローゼル(ann)で、右側が白花ハイビスカスの種です。
量は、それぞれ1,000粒くらいです。

次に種子の選別作業をします。
合間を見て選別をするので、暫くかかりそうです。


ローゼルの種子の配布について=
ローゼルの種子の乾燥が終わったので、ローゼルの普及活動を再開する予定です。
ローゼルの種子の配布数量・方法については、12月中に改めてお知らせします。
暫くお待ちください。



.

   

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼルの種 ピンク花ローゼル 白花ローゼル 白花ハイビスカス

line

フェイジョアの実収穫

12/2           フェイジョアの実収穫

本日、果樹畑でフェイジョアの実キウイの実を収穫しました。

    H22.12.2フェイジョアの実収穫@IMG_2616
    フェイジョアの実収穫
これは、フェイジョアの実です。
本日、フェイジョアの樹の下を見ると自然落果している実がありました。
なので、少し時期が早いのもあったのですが、全て収穫してしまいました。
写真の左の部分が本日の分です。
2本の樹で約11キロありました。
少し黄緑色のものが自然落果したものです。
濃い緑色のものがまだ樹に成っていたものです。
このまま2~3週間追熟させて、実が柔らかくなってきたら食べます。

写真右の箱が前回の試し取りの分です。
こちらは、約2キロです。
かなり熟してきていて、周りに甘い香りが漂ってきています。
間もなく食べることができますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ついでに、キウイの実も全て収穫しました。

    H22.12.3キウイの実@IMG_2617
    キウイの実
これは、キウイの実です。
今回は、3回目の収穫で、約40キロでした。
今年は、2本の樹で合計約130キロの収量がありました。



.









theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : フェイジョア フェイジョアの実 キウイの実

line

ローゼル撤去開始

12/1           ローゼル撤去開始

本日からローゼルの株の撤去を始めました。

     H22.12.1ローゼル撤去開始@IMG_2612
     ローゼル撤去開始
これは、ローゼルの株を撤去しているところです。
ここには、ピンク花ローゼルと白花ローゼル(Oki)が植わっていました。
枝が長いと作業がしにくいので、途中でカットしてから株を引き抜いていきます。
ただ、白花ローゼルは高さ2.1~2.5メートルくらいで、株元の幹の太さが7~11センチくらいあるので、ノコギリで切らない限りとても無理です。
3か所全ての撤去が終わるのは、2週間以上かかりそうです。

本日は、4列のうち右側2列のピンク花ローゼル約50株の撤去を完了しました。
ピンク花ローゼルは、株元の太さが4~6センチなので、簡単でした。



.

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : ローゼル

line

2009.2

2011.7

line

まとめ

line
お知らせ
ローゼルの種子 プレゼント中
ピンク花ローゼルの種子を数量限定で無償プレゼント中。 詳しくは、 2016年12月5日の記事をご覧ください。(2016/12/14)
line
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
line
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最新コメント
line
最新記事
line
カテゴリ
line
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
line
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
わいわいカウンター
閲覧者数:累計
line
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QRコード
line
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
line
sub_line