あいちのかおり稲刈り

2012/10/09~10         あいちのかおり稲刈り

10月9日~10日、稲刈りをしました。

     H24.10.9あいちのかおり稲刈り前(No.1田)@IMG_6445
     あいちのかおり稲刈り前(No.1田)
写真は、あいちのかおり稲刈り前の様子です。
稲刈りの前に、コンバインの侵入口の部分の稲を刈っておきます。
いわゆる「隅刈り」と言われるものですが、我が家は入口のみしか刈りません。


    H24.10.10あいちのかおり稲刈り後(No.1田)@IMG_6453 H24.10.10あいちのかおり稲刈り後(No.2田)@IMG_6448 H24.10.10あいちのかおり稲刈り後(No.3田)@IMG_6451
    稲刈り後(No.1田)    稲刈り後(No.2田)    稲刈り後(No.3田)
写真は、No.1~No.3の田んぼの稲刈り後の様子です。
ところどころに藁の切りくずや稲藁が落ちています。
これは、今後1年間に亘り野菜畑で使います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

=参考記録=

平成24年産あいちのかおり稲刈り
 稲刈り日・・・・・10月9~10日
 面積・・・・・・・・・48アール
 籾収穫量・・・・・2,990キロ(H23=3,391キロ)
           8月に豪雨の水害あり。
      (水稲の収穫量が3割以上の減収であるとき、共済金の支払い請求が出来る。)
 水分含有量・・・・20.4~21.5%
 稲刈り時間・・・・延べ8時間30分(籾のJAライスセンター運搬を含む。)
 軽油使用量・・・・19リットル
 稲藁保存量・・・・13アール 




. 

関連記事
スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : あいちのかおり 稲刈り

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントありがとうございます

> DENでん 様
コメントありがとうございます。

すぐ下のコメントでも書きましたが、刈り取った籾をJAに搬入して精米して貰っていますので、受け取りに行くだけです(笑)
稲藁は、来年の夏野菜の敷き藁として使います。
昔の人は、稲藁にいる天然の納豆菌を使って、納豆を作っていたでしょうね。
今は、買った方が安いのだが・・・・・

お疲れでした!

今は、コンバインが有るので、収穫した稲を運び玄米にして袋詰めするほうが、大変ですかね。
稲ワラを、畑でリ・ユースですね。
ワラは、納豆筒にしたり、昔は色々と100% り・ユースしてましたね。

DEN

コメントありがとうございます

> マルコ 様
コメントありがとうございます。

米は、野菜の敷き藁として使う分を確保するために作っているようなものです。
私が若かりし頃は、手刈り・脱穀・乾燥・自家精米で、結構大変でした。
今はコンバインで、稲刈りは1日少々で終了、乾燥・精米はJAへの委託です。
籾殻も必要な分だけライスセンターへ取りに行けば好いので、楽です。


No title

稲刈り、おつかれさまです

毎年のことですけど、この広さに呆然としてしまいます

今はコンバインがあるからいいものの、昔は、大変だったでしょうねーと思ってしまうのです

eeなぁー!藁が沢山出来てー

いつもうらやましく眺めています(笑)

line

2009.2

2011.7

line

FC2Ad

まとめ

line
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
最新記事
line
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
line
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
わいわいカウンター
閲覧者数:累計
line
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QRコード
line
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
line
sub_line