種蒔きハウスの防寒対策・温床線テスト

2014/12/17~18      種蒔きハウスの防寒対策・温床線テスト

12月17~18日に種蒔きハウスの冬仕度をしました。
種蒔きは、例年2~3月から始めるのですが・・・・・
今年も寒さに弱いハーブ類、野菜類、多肉植物などが避難してきているので、防寒対策をしました。


    H26.12.18積雪(20㎝)@IMG_3938          H26.12.18今日の気温(△1~9)@IMG_3956
    積雪(20㎝)               今日の気温(△1~9)
写真左は、今日の積雪の様子です。
早朝に積もった雪を掻き下ろしました。
凡そ10年ぶりの大雪で、20センチくらい積もりました。

写真右は、ハウス内の気温です。
最低気温がマイナス1℃、11時現在の気温が9℃です。
曇っているので、なかなか温度が上がりません。



    H26.12.18ハウス内の二重張り後@IMG_3946          H26.12.18ハウス内に小トンネル設置@IMG_3949
    ハウス内の二重張り後          ハウス内に小トンネル設置  
写真左は、ハウス内の二重張り後の様子です。
ハウスの内側にビニールを二重に張りました。
二重に張っても気温は、プラス1℃くらいしか確保出来ません・・・・・

写真右は、ハウス内に小トンネル設置後の様子です。
ここには、現在レモングラス・レモンバーベナ・多肉植物・金時草(式部草)などが入っています。



    H26.12.18温床線点検(9℃)@IMG_3952         H26.12.18温床線点検(10℃)@IMG_3954
    温床線点検(9℃)       温床線点検(10℃) 
写真左は、温床線点検の様子です。
農電電子サーモの温度設定は、9℃です。
緑色の通電ランプは、点灯していますが、赤色の負荷ランプは点灯していません。
地温は、9℃以上ということになります。

写真右は、農電電子サーモの温度設定を10℃にしたところです。
緑色の通電ランプと赤色の負荷ランプの両方が点灯しています。
地温は、10℃以下ということになります。

これらから、地温は凡そ10℃ということが分かります。
最後に農電電子サーモの温度を18℃に設定して終了です。
(種を発芽させる時は温度を25~30℃位に設定するのですが、育苗・越冬時にはこれくらいの温度で十分です。)

最後に、漏電遮断器のテストもして、全て異常のないことを確認しました。



.
関連記事
スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

tag : 農電電子サーモ 温床線

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line

2009.2

2011.7

line

FC2Ad

まとめ

line
わいわいblogへようこそ
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
最新記事
line
ブログ内検索
関連の過去記事が表示されます
line
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
line
わいわいカウンター
閲覧者数:累計
line
プロフィール

わいわい

Author:わいわい
Y&Yの備忘録
わいわいblogへようこそ!

愛知県在住
趣味のハーブ・野菜作り。

無農薬・無化学肥料での栽培をめざして・・・

(写真は、ローゼルの花です。)

line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QRコード
line
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ
line
sub_line